【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

南延岡駅をバリアフリーに

本紙掲載日:2020-10-30
1面
読谷山市長に会発足を報告する吉田会長(中央)

促進期成会が発足

◆延岡市長に報告−JRへ要望活動

 延岡市の南延岡駅のバリアフリー化実現を目指す「南延岡駅バリアフリー化促進期成会」(会長・吉田敏春市区長連絡協議会長)がこのほど発足した。同会は市区長連絡協議会や市地域婦人連絡協議会、市障害者団体連絡協議会、旭化成延岡支社など市内の計10団体・企業で構成。署名活動を行ってJR九州に要望を伝え、工事計画の早期決定を促していくとしている。

 同駅は、改札口や待合所が2階に集約された県内でも珍しい構造。駅入り口からホームまでの昇降階段は計70段で、高齢者や障害者はじめ多くの市民にとって利便性が低く、市は1998年後半からエレベータ設置等のバリアフリー化に関する要望活動を行っている。

 吉田会長ら役員3人は28日に延岡市役所を訪れ、読谷山洋司市長に会の結成を報告。「早急に署名活動を展開したい。市にもよりいっそうの力を貸してもらいたい」と協力を求めた。読谷山市長は「バリアフリー化を望む声は、市民がJRを利用する意思の表れと認識してもらえるよう皆さんと連携して呼び掛けていきたい」と話した。

 国は現在、「移動等円滑化の促進に関する基本方針」に基づき、1日の平均乗降客数が3000人以上の駅についてバリアフリー化整備を進めている。市によると2019年の南延岡駅における同客数は1666人だが、地元の強いニーズがあれば3000人未満でも認められるケースがあるという。

 吉田会長は「今後2、3カ月で8万人分の署名を集め、来春にはJR九州本社に直接要望を伝えたい。2023年ごろをめどに工事計画を決定してもらえれば」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top