【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「竜巻から1年」(1)19年9月22日

本紙掲載日:2020-09-21
1面
被災したハウスを片付けるボランティアの皆さん(昨年9月、夏田町)
キュウリの出荷を再開した遠田さん(今年5月撮影)
店頭で接客する小松原さん(18日、延岡市日の出町)

18人負傷、広範囲で被災

◆朝8時半ごろ平原町−桜ケ丘付近

 大型の台風17号が九州の南西海上を北北東へ進んでいた2019年9月22日午前8時30分ごろ、竜巻が延岡を襲った。平原町付近で発生し、北に向かって浜町―伊達町―旭町―中島町―瀬之口町―日の出町―中川原町―夏田町―桜ケ丘などを通過。突風により18人が重軽傷を負い、約8キロメートル以上、幅約400メートルにわたって家屋の屋根や窓ガラス、農業施設が壊れるなど広範囲で建物が被害に遭った。竜巻災害から、あすで1年を迎える。復興へ少しずつ歩みを進めて元の姿を取り戻す一方、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、道筋を見いだせない人たちもいる。また、災害の教訓を生かそうと、防災面で課題に取り組む人たちもいる。竜巻災害から1年の今を追った。

◆ハウス壊滅−多くの支援で前向きに

 夏田町の農業遠田祐星さん(38)は、ビニールハウスが竜巻の直撃を受けた。ハウスは4棟が全壊、5棟が半壊し、直後に見た光景に「何が起こったのか分からなかった」。

 失意の中にあったが、翌日からJAや行政、友人・知人らが次々と訪れて、片付け作業を手伝ってくれた。おかげで1カ月以上かかると思われた撤去作業は数日で終了した。

 施設の被害総額は2000万円近くに上り、主力のキュウリが再出荷できるまでの売り上げ約1300万円が失われたが、多くの支援を受けて気持ちを切り替えることができた。今年3月には新たなハウスが完成し、翌月から植え付けも再開した。

 「次の一手」として10アールの畑にハウス4棟を新設することも決めた。前向きになれたのも、「力を貸してくれた人たちに応えたかったから」。

 同時に自然を相手にする意味も考えた。「どんな仕事にもリスクはあるし、農業は自然と寄り添う仕事なので必ずこういうことは起きる。それを最初から頭に入れて、どう向き合うかが大切」と覚悟を口にする。

 一方で「台風ならば対策もできるが、竜巻は予測がつかない。自分を守るための保険は不可欠。先人の経験や知恵に耳を傾けることも大事です」。苦しい経験を糧に、再びいつ見舞われるか分からない自然災害への備えを探っている。


◆壊れた店内、いろんな人が助けてくれた

 日の出町で「フランス菓子サンジャン」を営む小松原健介さん(53)は、開店準備中に被災した。外側にしか開かないはずのドアは30センチほど内側にめり込み、窓ガラスは割れたり、無数の小傷がついて「まるで銃を乱射したようだった」。塀は倒壊し、窓ガラスは全て取り換えが必要になるほど大きな被害を受けた。

 駆け付けた親戚やスタッフの家族、地域の人たちの協力で、割れたガラスの撤去作業などをした。被災したにもかかわらず、「こっちの方が大変そう」とお茶を差し入れてくれた人、通りがかりに弁当を持って来てくれた人など「いろんな人が助けてくれた」と感謝する。

 約1カ月後に店を再開させると、心配する声が寄せられ、「お客さんからの声が励みになった」。今では「家族の絆、地域とのつながりが強くなった」と感じている。

 再開後も外壁などの工事は続き、倒壊した塀はリスクを減らすために取り除いた。景観を考えると避けたかったが、シャッターも設置。竜巻注意情報が出て、シャッターを下ろしたこともあった。大まかな地域で発表される注意情報については、もっと地域を限定した情報を望んでいる。

 「竜巻クラスの突風が来たら、人間が造ったものなんて自然にはかなわない」と小松原さん。「被害を最小限に抑えるよう、できる限りの備えはしないと」と話した。


その他の記事/過去の記事
page-top