【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

聖心ウルスラ看護科に図書カード

本紙掲載日:2020-08-05
2面
贈呈式に出席した原支店長、盡事務長、佐々木校長ら学校関係者

医療法人久康会−鹿銀の医療機関債を活用

 平田東九州病院などを運営する医療法人久康会(平田耕太郎理事長、延岡市伊形町)は7月28日、地域発展や持続可能な社会づくりに貢献することを目的とした鹿児島銀行(松山澄寛頭取)の「かぎんSDGs推進医療機関債」(愛称・メディどん)を活用し、聖心ウルスラ学園高校(佐々木夫校長、同市緑ケ丘)看護科に図書カードを寄贈した。

 医療機関債は、発行額の一定割合を原資とし、発行法人が指定する学校や団体に銀行が寄付や寄贈を行うもので、同行は2019年7月から取り扱いを開始した。これを活用した寄贈は、県内で同法人が初めてだという。

 贈呈式は、看護科棟であり、平田理事長の代理で出席した盡広樹事務長が佐々木校長に目録を贈呈。佐々木校長は「大変ありがたく助かる。地域に根差した支援、鹿児島銀行のご理解とご支援に感謝します」とお礼の言葉。今年度から看護科の学級数が増えたことなどに触れつつ、「(図書カードは)看護科の生徒たちに還元し、大事に使いたい」と話した。式には、同行延岡支店の原伸二支店長も同席した。

 同法人は、平田東九州病院で同科の実習を受け入れているほか、奨学金制度を利用してこれまでに同校出身の8人が入職するなど関係が深く、「延岡の次世代を担う医療従事者の育成に役立ててほしい」と贈呈先に指定したという。

その他の記事/過去の記事
page-top