【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

需要PR−県内90カ所に花を展示

本紙掲載日:2020-08-04
3面
展示する県産のコチョウランとフラワーオブジェを前にする押川会長(左)と河野知事ら(県庁)

みやざき花で彩る推進協

 JA宮崎経済連や花市場、生産者らでつくる「みやざき花で彩る未来」推進協議会は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込んだ需要を喚起しようと、7月23日から県内の公共施設など約90カ所で、県産花のPR展示を開始した。

 国の新型コロナ対策事業を活用し、県内の空港や駅、フェリーターミナル、ホテル、市町村庁舎などで展開。1カ所に付き2〜4平方メートルの区画を設け、1千〜2千本分程度の花々を組み合わせたフラワーオブジェを飾る。

 各地域で担当する生花店が約2週間ごとに入れ替えながら、来年3月まで継続。県外客や外国人を多く出迎える宮崎空港には、全国でも名高いコチョウランの鉢も並べ、花の産地宮崎を広く知らせる。

 展示活動を前に同21日は、同協議会の押川和範会長(JA宮崎経済連園芸部長)らが河野知事を表敬訪問。展示用の花鉢を贈り、消費拡大への支援を求めた。

 押川会長は繁忙期の歓送迎会や卒業・入学シーズンに新型コロナで、需要が例年の4割程度まで減って、生産者が廃棄調整したことや、冠婚葬祭の自粛や簡素化による影響も続いていると報告。

 一方で、県職員を中心とする応援消費を感謝し、「今後は観光客も戻ると思うので、県内の花に親しんでもらえる機会をどんどん増やして頑張りたい」と力を込めた。

 河野知事は公共工事の現場に、県内産の花で彩りを添えている事業を報告。「この機会にアピールして、花のある暮らしを習慣化できれば」と応じた。

その他の記事/過去の記事
page-top