【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

三秀台を散策

本紙掲載日:2020-07-31
7面

高千穂町の五ケ所高原

◆野の花生き生き

 長い梅雨が明けた。途端に強い日差しが照りつけ、山野はせきを切ったようにセミの大合唱が始まっている。夏本番。涼を求めて高千穂町の五ケ所高原を散策した。

 国道325号を熊本方面に進み、「河内郷大橋」手前で県道竹田五ケ瀬線へ。高千穂町中心部から約30分。五ケ所高原の「三秀台」に着く。

 祖母山、阿蘇山、久住山。九州の代表的な秀峰を一望できることから三秀台。標高約800メートルのなだらかな丘陵地にあり、晴れた日はぐるり360度の眺望が楽しめる。

 この日はあいにくの曇り空。吹き渡る風が遠くからカッコウの声を運んでくる。

 丘の道で目を引くのはカワラナデシコ。先端が糸状に裂けた薄紅色の花は、その花言葉通り、かれんで美しい。点々と咲いて道案内してくれる。

 キクを小さくしたような白い花が集まって咲くのはアソノコギリソウ。阿蘇地方に自生する希少な野の花は、のこぎりのようなギザギザの葉が名前の由来という。

 ユリ科のヤマホトトギスもそこかしこに花を咲かせていた。赤紫色の斑点をちりばめたような模様が、野鳥のホトトギスの胸に似ているといわれる。直径2〜3センチの花を上向きに咲かせた姿がとてもかわいらしい。

 オカトラノオの白い花穂が風になびき、ナワシロイチゴの淡い紅紫色の花は上向きに咲いていた。花の周りを濃茶色のジャノメチョウが群舞し、短い高原の夏を満喫しているようだった。

 三秀台には、日本アルプスの命名者として知られるウォルター・ウェストン師をしのぶ記念碑も建てられている。

その他の記事/過去の記事
page-top