【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新型コロナ感染防止「手洗いが大事」

本紙掲載日:2020-02-29
1面
講演する日盻蠶

北浦診療所日盻蠶垢講話−延岡

 延岡市北浦町にある北浦診療所の日睛昭所長は27日、北浦公民館で開いたじゅらくの会で「新型コロナウイルス感染症について知っておきたいこと」をテーマに講演した。参加した多くの地元住民が、予防策や症状が発症した場合に取る行動などを学んだ。

 同町には、インターネット上の情報に詳しくない住民や高齢者が多いため、不安を解消しようと予定していた認知症に関する内容を前夜に急きょ変更して実施した。じゅらくの会は住民の健康増進などを目的に約3カ月に1回開いている。

 日盻蠶垢蓮崋蠕いが一番大事」と強調。「こまめに隅々までしっかり」とその重要性を訴え、「共有のタオルではなくペーパータオルで拭き、接触しないようにそれを使って水を止めた方が良い」と伝えた。

 対策として、テーブルやドアノブなど不特定多数の接触頻度が高い場所と手指の消毒、1〜2時間おきの5〜10分の換気、ウイルスの飛散を防ぐせきエチケットなども紹介。その上で「かからない、移さないためには複数の対策を組み合わせて行うことが大切」と説明した。

 せきや熱など疑わしい症状を発症した場合は、「安易に受診すると感染する可能性がある」と話し、市販薬を使っての経過観察や自宅療養などを推奨。「ただし、基礎疾患保持者、妊婦、高齢者で37・5度の発熱やせきが2日続いたり、強い倦怠(けんたい)感や息苦しさを抱いた場合は、延岡保健所に電話してほしい」と呼び掛けた。

 このほか、マスクや塩素系漂白剤を薄めた消毒液の作り方なども解説。今後、新たな検査法や治療法などが確立された際に対応が変わる可能性も指摘し、「分からないことなどがあったら相談に乗るので、連絡してほしい」と締めくくった。

 参加者は、資料にメモを取りながら真剣に聴講。同町にある特別養護老人ホーム「きたがわ荘」職員の赤木由佳里さんは「分かりやすくてとても勉強になったし、不安が少し和らいだ。親しみのある先生なので、質問もしやすかった」と話した。


真剣に聴講する参加者
その他の記事/過去の記事
page-top