【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延学チーム、最高賞の大臣賞

本紙掲載日:2020-02-29
1面
東京オリパラ担当国務大臣賞を受賞した延岡学園高調理科の3年生(同校提供)

東京オリ・パラ−GAP食材おもてなしコンテスト

◆農業大学校、延岡市、県で構成

 東京五輪・パラリンピック推進本部事務局が主催する「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」の結果が28日発表され、延岡学園高、県立農業大学校、延岡市、県で構成するチームが全国40チームの中から最高賞の国務大臣賞に選ばれた。指導した延岡学園調理科の谷本浩二教諭は、卒業式のあった同日、「3年生が素晴らしい。サポートを頂いたすべての方に感謝したい」と喜びをかみしめた。

 コンテストは、オリ・パラへ向けた機運醸成が目的。農業高校・農業大学校が生産する農業生産工程管理(GAP)認証を取得した食材などを使ったメニュー開発など、ホストタウン相手国の選手をもてなす取り組みを競った。

 県内では、ドイツを迎える延岡市、延岡学園、県立農業大学校、県のチームと東郷町の名前が縁でトーゴをホストタウンとする日向市、高鍋農業高、宮崎大、県の2チームがエントリー。昨年9月末から2カ月間活動し、ウェブなどからの投票と審査委員会(服部幸應委員長)で受賞チームが決定した。

 延岡学園は、調理科3年生を中心に、県立農業大学校のGAP食材の生産現場を視察し、メニューを考案した。

 県産業政策課は「延岡市の国際交流員からドイツについてよく学び、農業大学校の食材を活用。専門家の指導ですべてのメニューで栄養価を計算して表示しており、アスリート目線でのおもてなしが評価されたのではないか」と評していた。

 谷本教諭は「マッチングしてくれた県の担当者、農大の素晴らしいGAP食材のおかげ。ドイツ柔道代表チームの受け入れに向け、思いを受け継ぐ新3年生が一生懸命準備を進めてくれている」と話していた。

 表彰式は3月8日に東京で予定されていたが、新型コロナウイルス感染症の影響で中止された。

その他の記事/過去の記事
page-top