【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ベガルタ仙台延岡キャンプ「20年の絆」(下)

本紙掲載日:2020-02-08
9面
仙台のホームゲームでエスコートキッズを務めた延岡の子どもたち(2018年)
東日本大震災で被災した石巻市の大川小学校など見学した(2018年)

16年続く地域間交流


◆招待で生観戦や被災地見学

 延岡と仙台、両市の関係者によると「歴史的なつながりは何も無い」。両市をつなぐのは、サッカーのキャンプ地の一つというだけ。それでもこの20年という月日が、つながった線を太く強くし、絆に変えてきた。

 地域間交流事業は2004年から、キャンプ地の縁で始まった。チームとその支援団体ベガルタ仙台ホームタウン協議会の招待で毎年夏、延岡から小学6年生の選抜チームを仙台へ派遣している。

 サッカー専用競技場のユアテックスタジアムで仙台の選抜チームと対戦したり、Jリーグの試合前には、選手と手をつないで入場する「エスコートキッズ」を体験。プロの試合を生観戦するなど、他地域の子どもがうらやむような時間を過ごす。

 仙台市によると、これまでに200人以上が訪れたという。帯同する市サッカー協会の太田隆裕事務局長は「代え難い貴重な経験をさせてもらっている。子どもたちには受け入れに感謝の気持ちを持ち、大きな財産にしてほしい」と呼び掛ける。

 東日本大震災以降は、象徴的な被災地も見学。滞在は夏休み中の短い間だが、子どもたちにとってはサッカー以外にも大きな学びがある。また、4年に一度は仙台の選抜チームを延岡に招待し、親善試合も行っている。

 一方、キャンプ期間中の歓迎レセプションでは、子どもたちは選手にサインをもらったり、一緒に写真を撮ったりして交流。来賓の仙台市スポーツ振興課の及川徹課長は「仙台の子どもたちがここまで選手に近づけることはめったにない」と話し、その距離感に驚く。

 協会の中川勝博理事長は「今年はどんな選手が来ているのか事前に調べたり、子どもたちのキラキラした目が忘れられない」。キャンプ地として受け入れているとは言え、誠実に対応する選手たちに感謝する。

 今季から指揮する木山隆之監督は「選手時代、指導者になってから、いろんな所でキャンプしてきたが、こんなに熱烈な歓迎は記憶にない。同時に、仙台と延岡とのつながりの深さを実感する。これからも九州と東北の子どもたちの交流の一助になれれば」。自身初の延岡キャンプに好印象を持ったようだ。

 チームは昨年、創立25年の節目を迎え、記念事業「KIZUNA(絆)未来プロジェクト」をスタートした。市民・県民クラブとしての原点に立ち返り、これまでの絆をさらに深めていくという。

 キャンプの継続に向け、延岡では何ができるか。協会の蓑田征一会長は「自慢できることだし、続けていきたい。これまでの関係性から分かるように、人は心と心でつながるもの。30周年に向けてはこれから、新しい人たちが関係を築いていってほしい」。継続を願いつつ、今後の発展にも期待している。

その他の記事/過去の記事
page-top