【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡のものづくりを学ぶ−MJC経営塾

本紙掲載日:2020-02-08
1面
延岡市役所に到着したMJC「経営塾」の研修生ら

ミャンマー企業経営者−数社を訪問

 ミャンマー日本人材開発センター(MJC)で日本式経営などを学ぶ「経営塾」の研修生らが6日、延岡市を訪れた。9日まで同市などに滞在し、企業訪問や文化研修、「東九州ものづくり交流展」への出展などを通じて、日本のものづくりについて学ぶ。

 訪れたのは、MJCで職場の課題を解決する改善活動の5Sや、安全・品質管理などを学んでいるミャンマーの企業経営者12人と関係者ら。経営塾の訪日研修として1日に同国を出発して来日し、途中、福岡県内の企業訪問などで経て延岡市入りした。

 延岡市役所で行われた歓迎式典では、読谷山市長が「延岡の企業の最先端技術は難しい理論だけでなく、地道な作業の効率化により成立している。小さなことの積み重ねが世界一の技術を生むことを学んでほしい」とあいさつ。

 研修生を代表してKhinZawWin(キン・ゾ・ウィン)さんが、「研修で経験する多くの事を、すべて活用することは難しいかもしれないが、小さなことでもすぐに使えるところは導入し、改善していきたい」と意欲を述べた。

 一行は、市内の企業数社を訪問して品質管理や作業効率化、異業種連携などを学んだ。また、に東九州ものづくり交流展の視察や人材育成などについても研修。その後、延岡市を出発。高千穂町や熊本県阿蘇などの観光、9日からの東京での自主研修などを経て、15日に帰国する予定。

 MJCは、国際協力機構(JICA)の協力で、2013年8月にヤンゴンに設立された経営人材育成を目的としたセンター。延岡・ミャンマー友好会(清本英男会長)が主体となって進める延岡市とミャンマーの交流の促進・連携の窓口としても尽力している。

 両者の交流は、14年に延岡市内の企業有志がミャンマーを訪問したのを契機に、研修の受け入れや商談会などを通じて加速。16年にはMJCで学んだ研修生の同窓会組織(MABA)の有志が、マンダレーに延岡の人材交流・情報発信拠点「ノベオカフェ」を開設し、交流はさらに広がりをみせている。

その他の記事/過去の記事
page-top