【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ベガルタ仙台延岡キャンプ「20年の絆」(中)

本紙掲載日:2020-02-07
13面
西階陸上競技場の芝を刈る門川正さん
3年前まで17年管理していた福嶋為嗣さん(2015年)

仙台を魅了する西階の芝

◆「来年は今年以上のものを」

 監督、スタッフ、選手が延岡キャンプについてまず触れるのが、西階陸上競技場の天然芝だ。例年、1次キャンプで体力づくりに励み、2次キャンプ地の延岡では戦術面を強化してきた。ピッチコンディションは、開幕を控えるチームにとって最も重要な要素の一つ。けがの予防にもつながるため、より整った環境が求められる。

 西階の芝は、市が個人委託し管理している。キャンプ以前から約17年間整備してきたのが、宮崎市の福嶋為嗣さん(故人)。現在は、3年前に引き継いだ西都市の門川正さん(55)が手入れする。2人とも、かつては県内ゴルフ場のグリーンキーパーだった。

 冬芝の種まきは例年、10月後半に行う。「種がうまく発芽するか、1週間はなかなか寝付けない」と門川さん。シルバー人材センターの8人にも協力してもらい、毎日管理を徹底し、キャンプインまでに最高の状態に仕上げている。

 「芝はあちこちで比較されるから、毎年プレッシャーはある。来年は今年以上のものをという意識でやっているし、どこにも負けない芝をつくりたい」と話す。

 一方、徹底した芝の管理に、地元では不満の声もあるようだ。種まきの後の養生期間は約2カ月。キャンプインするまで、市民はほとんど使えない。

 市サッカー協会の蓑田征一会長は「自分たちのせいで使えないことを、チームもよく分かっている。だからこそリーグ開幕が迫っている中でも、子どもたちとの交流を大事にする。『キャンプさせてもらっている』という意識がしっかり見える」と話し、市民の理解を求める。

 キャンプ期間中は、整備された青々とした芝で、トレーニングする選手の姿が毎日のように見られる。プロチームのない本県にとって、高い技術に間近で触れることのできる貴重な時間だ。

「アスリートタウンのべおかとは言っても、プロスポーツのキャンプは仙台だけ」と話すのは協会の中川勝博理事長。「以前は仙台との練習試合で横浜FCのカズも来てくれた。Jリーガーが延岡に来るということを、これからも大事にしなければ」と訴える。

 今年の芝はというと、ラグビーのヤマハ発動機ジュビロが2カ月前に合宿を行った影響などで傷み、その後の回復が完全には間に合わなかった。それだけに「来年こそは100%の状態で迎えたい」と門川さん。

 前任の福嶋さんは、引き継ぎ業務の途中で体調を崩し亡くなった。門川さんは今でもキャンプ前、墓前へのあいさつを欠かさない。「この20年の歴史は福嶋さんのおかげでもある。教えを大事にしてこれからも頑張りたい」。遺志を継ぎ、仙台を魅了する芝であり続けることを誓う。

その他の記事/過去の記事
page-top