【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2月8日、冬の花の日

本紙掲載日:2020-02-07
3面
「高千穂町花の日キャンペーン隊」の皆さん

発色、花持ちの良さが人気

◆県内キャンペーン、完熟キンカンもPR−高千穂町の生産者ら

 8日、2月8日は「高千穂町冬の花の日」。高千穂町花の日推進会議(会長・甲斐宗之町長)は7日、延岡市と宮崎市内の事業所などを巡り、キャンペーン活動を展開した。

 同町では1991年に8(は)7(な)の語呂合わせで8月7日を「高千穂町花の日」に制定。2014年には、フラワーの2(ふ)と8(わ)で2月8日を冬の花の日に制定、同町産の花を積極的にPRしている。

 7日は、甲斐町長と町内の生産者でつくる花き園芸組合の桐木善大組合長、JA高千穂地区の佐藤友則組合長、町商工会の後藤和博会長らが関係機関を訪問。宮崎ブランドに認定されているスイートピーと約80種類にも上る多彩な品種を栽培しているラナンキュラス、県のブランド果実「完熟キンカンたまたまエクセレント」を贈呈した。

 同町産の花は、寒暖の差がある地域ならではの発色の良さが好評で、近年では国内はもとより米国や香港にも輸出され、世界に通じる花づくりが評価されている。

 現在、町内ではスイートピー生産農家5戸、ラナンキュラス生産農家11戸が花づくりを行っており、18年度はスイートピー46万6千本(販売額1275万円)、ラナンキュラス47万9千本(同3262万9千円)の出荷実績となった。

 中でもラナンキュラスは長野県に次いで全国2位の生産量を誇る。品種の豊富さと美しさ、花持ちの良さで人気が高まっているという。

 甲斐町長は「近ごろは海外への輸出も増え、単価も良くなっています。新たに就農する人もいて、未来へつながる作物です。ぜひとも高千穂町の花をご活用ください」とPR。

 佐藤組合長も「ラナンキュラスはバレンタインデーフラワーとしても需要が高く、この時期は良い値段で販売されています。完熟キンカンも暖冬の影響で、例年よりエクセレント率が高く、おいしい物ができました」と自信をのぞかせていた。

その他の記事/過去の記事
page-top