【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

五ケ瀬川水系−緊急時の事前放流で連携

本紙掲載日:2020-02-04
3面
第1回五ケ瀬川水系既存ダム洪水調節機能強化に係る協議会

国の方針受けダム協議会

 「第1回五ケ瀬川水系既存ダム洪水調節機能強化に係る協議会」が1月29日、宮崎市の国土交通省宮崎河川国道事務所であり、出席した河川やダムの管理者らは、緊急時に事前放流できる体制を今年の出水期までに整えることを確認した。

 同協議会は、昨年10月に国内の広範囲で甚大な被害をもたらした台風19号を踏まえ、国の基本方針に沿って全国の一級河川98水系に設置。豪雨が予想される際にあらかじめダムの貯水量を減らしておき、洪水を和らげられるようにする。

 県内の対象は大淀、小丸川を含む3水系で、ダムは計31基。このうち五ケ瀬川水系の協議会は、桑野内(五ケ瀬町)、芋洗谷調整池(高千穂)、星山、西畑(以上日之影町)、祝子、浜砂、下赤(以上延岡市)の県内7ダムを管理する県や旭化成、九州電力、北川ダムを管理する大分県、河川管理者の国と県で構成する。

 現在はダムの平常時水位から最高水位までを「治水容量」としているが、事前放流では平常時水位以下まで減らして大雨などの受け皿を確保。ただ、平常時水位までの「利水容量」は発電や工業・農業用水、水道などに使われているため、事前放流での利害調整が課題の一つとなる。

 このため、協議会では▽水害発生が予想される際の洪水調節容量▽事前放流の判断条件や水位低下量の考え方▽緊急時の連絡体制▽情報共有のあり方―などを定めた「治水協定」を3月までに締結する計画。また、放流用のゲートがないなど、ダムの構造によっても条件が異なるため、ソフト、ハードの両対策を組み合わせたダムごとの工程表を、5月までに作成することとしている。

 五ケ瀬川水系協議会の安部剛会長(延岡河川国道事務所副所長)は「近年は自然災害が甚大化しており、既存ダムの機能を活用し、関係機関と連携しながら安全・安心の確保に努めたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top