【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

本東寺で厄除け大祈祷

本紙掲載日:2020-02-03
3面
水行を行う5人の荒行僧(2日、延岡市の本東寺)

水行で無病息災を祈願−延岡

 延岡市松山町の本東寺(吉田海心住職)で2日、「星祭り厄除け大祈祷(きとう)会」があった。水行や祈祷、節分豆まきが行われ、一年の無病息災などを祈った。

 午前10時からの「水行」には、開始前から多くの参拝客やカメラ愛好家でにぎわった。うちわ太鼓を鳴らす檀信徒たちが「南妙法蓮華経」を唱える中、吉田静正副住職ら5人の荒行僧が登場。着物を脱いでふんどし姿になった5人は、日蓮宗に700年以上続くというお経「水行肝文(かんもん)」を声をそろえて唱え、わらで包まれたたるの中の水をおけですくうと、勢いをつけて頭の上からかぶった。

 「水行の水がかかると難が逃れる」との言い伝えがあり、荒行僧の間近では、手を合わせた参拝客が水しぶきを浴びながら水行を見守った。

 本堂では、海心住職や水行で身を清めた荒行僧らが祈祷。大勢の参拝客が手を合わせた。つづいて行われた豆まきでは、同寺に祭る「鬼子母神」が出て行かないようにと「鬼は外」は言わず、年男、年女、厄年の人らが「福は内」の掛け声と共に豆をまき、参拝客は笑顔で季節の行事を楽しんだ。

その他の記事/過去の記事
page-top