【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宅内配管工事費を助成−延岡市

本紙掲載日:2019-08-27
3面

浄化槽、合併への転換時

 延岡市は、既存住宅の水回りのリフォームなどで、単独処理浄化槽から合併処理浄化槽に入れ替える場合に対し、新たに宅内配管工事費の一部を助成する。補助額は費用の4分の3(千円未満切り捨て、上限30万円)。

 同市は、生活排水による公共用水域の水質汚濁を防止するため、浄化槽設置整備事業費補助制度を設け、転換する合併処理浄化槽の本体費用の一部を補助していたが、浄化槽への流入管や升の設置、側溝までの放流管など宅内配管工事費は対象に含まれていなかった。

 今年度から国の補助制度が拡充されたのに伴い、市の浄化槽設置整備事業の中に、宅内配管工事費の助成を新たに追加した。

 対象区域は、公共下水道事業認可区域、農業・漁業集落排水処理区域を除く市内全域。

 市によると、単独処理浄化槽がトイレ汚水のみを処理し、その他の生活雑排水は未処理のまま河川などに放流されるのに対し、合併処理浄化槽は、家庭から出るすべての汚水を微生物の力で分解し、きれいな水を放流。市は合併処理浄化槽への転換を推進している。

 合併浄化槽に転換する工事を行う場合の補助基準額は、5人槽が33万2千円、7人槽が41万4千円、10人槽が54万8千円、単独撤去費加算(単独から合併)が9万円。これら補助基準額に宅内配管工事費(同)の補助が加算される。

 ただし、補助金の申請には、満たすべきいくつかの要件などがあるため、「詳しくはお問い合わせを」と延岡市生活環境課。問い合わせは同課(箟箍22・7001)。

その他の記事/過去の記事
page-top