【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

農業の大切さ、大変さ分かった

本紙掲載日:2019-08-22
7面

高千穂フードキャンプ

◆小学生が苗植えから調理まで体験

 高千穂町の小学生を対象にした農業体験イベント「高千穂FOODCAMP(フードキャンプ)」が5月から今月まで同町内で開かれ、約20人が農業の役割や食料の大切さを学んだ。

 地元の子どもに農業を知ってもらうアグリスクールとして、JA高千穂地区の女性部高千穂支部と同青年部高千穂支部が、町地域おこし協力隊と共同で初めて開催。参加者はこれまでに4回集まり、農畜産物の生産者の話を聞いたり、野菜の苗植えや草取りをしたり、料理メニューを考えたりしてきた。

 8月2日の最終回の企画は、初回に植えた野菜を収穫して、考案した料理を実際に作り、招待者に振る舞おうというもの。

 子どもたちはまず、高千穂小近くの畑に植えたピーマン、キュウリ、ナス、ミニトマトを収穫。その後、同町三田井の「ゆめゆめプラザTAC」へ移動。考えた40個のメニューの中から多数決で選んだ8品を担当分けし、同女性部の助けも借りながら調理した。

 招待者は、藤本昭人副町長やJA高千穂地区の佐藤友則組合長ら12人。子どもたちは出来上がった料理を配膳して「一つ一つ丁寧に包みました」「素材の味を楽しみながら食べてください」などとあいさつした。

 「初めての食感。ナスの風味がおいしい」「甘みと酸味がおいしい。爽やかさが口いっぱいに広がる」などの感想に、「よっしゃ」と喜ぶ子どもの姿も。

 岩戸小6年の児嶋輝尚さん(11)は「きょうはしっかり料理できるか緊張したけれど、食べた人の笑顔や感想に安心した。この活動で、農家の人が暑い中野菜を植えたり収穫したりする大変さを知った」と振り返った。

 同女性部高千穂支部の橋本千佐子支部長は「子どもたちの手際の良さに感動した。子どもたちが農業について考えることができたので良かった。この活動が続いていってほしい」と話した。

 子どもたちが考え、提供した料理は次の通り。

◇子どもたちからの贈り物コース
【アミューズ】ピーマンとシーチキンのめんつゆ煮
【オードブル】キンキンスティック。茶塩とソース3種添え
【スープ】ナスのポタージュスープ
【ポワソン(魚料理)】白身魚のホイル焼きトマトソースとチーズと共に
【ソルベ(口直し)】きゅうりゼリー
【アントレ(肉料理)】ピーマンの肉詰め
【ご飯もの】ナスとちくわの鰻丼(うなどん)風
【デセール(デザート)】トマトとヨーグルトのシャーベット・ミニトマトのコンポート添え

その他の記事/過去の記事
page-top