【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

はまべであそぼ!好評

本紙掲載日:2019-08-19
7面
「はまべであそぼ!2019」の会場で海と親しむ来場者

B&Gトトロ海洋クラブ−海の遊具いろいろ

 B&Gトトロ海洋クラブ(斎藤英二代表)が主催する「はまべであそぼ!2019」が11、12日、延岡市土々呂町の土々呂東浜(旧土々呂海水浴場)で開かれ、市内外から訪れた多くの家族連れらが打ち寄せる波と親しんだ。

 乗り物や遊具は、以前からあるシーカヤックやSUP(スタンドアップ・パドル)に加えて、「ウオーターロール」や「ウオーターバルーン」など、中に人が入って楽しむ遊具も充実し、子どもたちの歓声が響いた。

 今回は、太い3輪のタイヤで浜辺でもけん引して動かすことができ、フロート付きで水に浮く車椅子型の乗り物も登場。B&G財団から無償で借り受けたもので、障害者も海を楽しめるため、乗り心地を試すなど関心を集めていた。

 また、フラ、バンド演奏、キッズダンスなどステージイベントもあったほか、キッチンカーも来場し、イベントを盛り上げていた。事務局によると、2日間で約200人が来場。内訳は地元の土々呂地区からが37%、帰省客を含む県外からが31%、地元以外の市内19%、県内11%だったという。

◆土々呂浜ににぎわい取り戻そう

 同クラブは、昭和30年代(1955年ごろ)に活気にあふれた同浜のにぎわいを取り戻すため、浜辺の清掃活動や海と親しむイベントなどの取り組みを実施。「はまべであそぼ」は、お盆の帰省客を含む市民、子どもたちに遊びの場を提供しようと開いている。

 兵庫県から延岡市内の夫の実家に帰省していた高嶋早知さん(36)は、海で遊ぶ2人の子どもに目を配りながら「兵庫に帰ると海で遊ぶ機会がないので、子どもたちも喜んでいます。夏休みの宿題の絵日記の思い出になれば」と、目を細めていた。

その他の記事/過去の記事
page-top