【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

NHK杯3部門で入賞

本紙掲載日:2019-08-17
7面
第66回NHK杯全国高校放送コンテストで3部門入賞を果たした延岡星雲高校放送部(提供写真)

優良賞1、奨励賞2−延岡星雲高校放送部

 延岡星雲高校放送部(吉田大二郎顧問、12人)が、7月東京都のNHKホールなどで開かれた第66回NHK杯全国高校放送コンテストで、同部初の3部門入賞を果たした。

 1585校1万4999人が参加した都道府県大会を勝ち抜いた531校が全国大会に出場。アナウンス、朗読、ラジオドキュメント部門など6部門で競った。

 同校は4部門のうち創作ラジオドラマが優良賞、創作テレビドラマとラジオドキュメントが制作奨励賞を受賞した。各作品のチーフに話を聞いた。

◇入賞するも複雑−創作ラジオドラマ部門・優良賞「祈り」
▽チーフ=丸山典華さん(3年)

 「祈り」は、現代で生活する主人公と戦争時代を生きる女性の物語。

 主人公は、ある出来事がきっかけで爆撃を受けるさなかの町にタイムスリップし、戦禍を被りながらもたくましく生きる女性と出会う。

 境遇が異なる2人だったが、共通の体験によって絆を深め、主人公は新時代を「良い時代にしていく」と約束して現代に戻っていく。戦争を通して新時代「令和」の在り方を見詰め直した。

 昨年は同じ部門で全国3位だった丸山さんは、NHKホールのスクリーンに決勝進出校として名前が挙がらなかった際に退出したため、結果は後から聞いたという。

 「うれしいと思ったのか、悔しいと思ったのか、光栄なことだがその時の感情をあまり覚えてない」といい、出品数が最も多い部門での入賞にも、気持ちは複雑な様子。

 しかし、制作に関わった後輩には「よく頑張ってくれた」と感謝。「部活を通して、物事がいろんな角度から見られるようになったし、貴重な体験ができた。あっという間の3年間だった」と振り返った。


◇「力は出し切った」−創作テレビドラマ部門・制作奨励賞「Re:try」
▽チーフ=片井野悠夏さん(3年)

 いじめられっ子と仲良くなった主人公の女子高生は、自分の何気ない一言が原因で自分もいじめを受けるようになる。

 発言を後悔し過ごしていたが、時間を戻してやり直す機会が得られたことで全員と真の友人関係を築くために行動していく―。

 片井野さん自身が発言を後悔した体験を基にした作品。「日常生活の対人関係を大切にしてほしい」という思いを込めた。

 同部がこの部門で全国大会に進んだのは初めて。「発表されるまでは不安もあり震えが止まらなかったが、結果が出ると安心感に変わった」という。

 「自分の力全てを出し切った」と、片井野さんには悔いはない。濃い時間を過ごせた放送部生活は「達成感と満足感がある」。ただ、引退を迎え「少し寂しい」と惜しんでいた。


◇「来年は決勝進出」誓う−ラジオドキュメント部門・制作奨励賞「僕を変えた1年」
▽チーフ=伊藤聖さん(2年)

 部員の澤邉諒さん(2年)を主人公にしたドキュメンタリー。

 中学1年時にいじめを受けた。学校から遠ざかり、延岡市のオアシス教室に通うようになった。「死のうか」と考えた時期もあったが、同教室で過ごすうちに将来の夢を見つけ、復学を果たして卒業。作中では本人の表情や行動の変化を、当時の教師らの客観的な意見を交えて伝え、「高校生活はとても楽しいです」と前向きな言葉で締めくくった。

 「昨年は先輩の力で全国に来られたが、今回は初めて自分たちだけの力で制作した」と伊藤さん。決勝進出はかなわず、「ズタボロに落ち込んだ」という。

 しかし「熱意を持って努力する3年生の姿を見ていたら、もっとやれたんじゃないかと思った。自分には泣く資格はない」と我慢。「来年は必ず決勝進出する」と燃えている。

 これからは後輩を引っ張っていく立場。「3年生が抜けた穴は大きいし、全国大会に出場できる部をつくれるのか不安。でも、先輩方が築いてきた歴史に恥じないよう、一生懸命取り組みたい」と意気込んでいた。


◇敗退も意味ある作品
▽部長=佐々木結衣さん(3年)

 「支えてくれた先生、両親、仲間に感謝」。

 佐々木さんは、たんの吸引などの医療的ケアが必要な、重度の知的障害と肢体不自由が重複した重症心身障害児をテーマにしたテレビドキュメントを制作したが、準々決勝で敗退。入選は果たせなかった。

 当事者やその母親、ハンディを背負う子どもが通う施設などを取材。「いろんな人が協力してくれたのに」と涙がこぼれた。

 だが、重症心身障害児の母親から「いろいろな福祉の場面で活用したい」と依頼があり、追加制作してDVDを届けたという。

 「社会的な反響もあり、意味のある作品になったのではないか」と田顧問。佐々木さんは「たくさんの人に見てもらえる機会をつくっていただき、ありがたい」と感謝している。

 放送部員としての約2年4カ月については、「辞めようと思ったことは何回もあったが、一員として続けられたのは先生、両親、仲間のおかげ」と笑顔で話していた。


その他の記事/過去の記事
page-top