【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域一体、子どもを守る

本紙掲載日:2019-08-16
3面
門川町学校安全連絡協議会の第1回会合

門川町学校安全連絡協議会が発足

 門川町学校安全連絡協議会がこのほど、同町役場で2019年度第1回会合を開き、発足した。地域の学校安全に関わる団体の代表ら約30人が出席。委員による互選で会長に門川中学校の雕集弘校長、副会長に同町消防団の飯干浩行副団長を選んだ。

 同町は、文部科学省と県教育委員会の「学校安全総合支援事業」の指定を県内で唯一受けている。事業年度は1年間。町内の公立小中学校および門川高校における学校安全教育の充実に向け、学校や地域、行政、専門機関が連携して協議を行い、学校安全に対する体制整備を支援することが目的。

 最初に、新原とも子教育長から委員代表で県防災士ネットワーク日向・東臼杵支部の松澤芙美さんに委嘱状が交付された。

 あいさつに立った新原教育長は、「取り組みを通して家庭や子どもたち自身に自助努力を求めていく。行政側からの一方的な押しつけにならず、連携を図って進めていきたい。1年を終えた後も、この会は解散せずに継続していく予定。取り組みを根付かせることが委託事業を受ける上での基本姿勢」と述べ期待を寄せた。

 協議に先立ち、町教委の担当者から事業に伴う同協議会の概要について報告や説明が行われた。

 事業目的については、今年度は災害安全(地震・津波)に関する防災教育に取り組むとし、ヽ導惺擦琉汰感軌蘆甘者のネットワークの構築∋童生徒の自主的・自発的な避難意識の向上3導惺擦痢岾惺三汰慣弉茵廚よび「危機管理マニュアル」の見直し――を事業目標に定めた。

その他の記事/過去の記事
page-top