【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

拓本や〃土器復元〃に挑戦

本紙掲載日:2019-08-15
6面
職員から拓本体験の説明を受ける親子
土器復元立体パズルに挑戦

埋文セレクション講座−延岡

 延岡市立図書館(丸山奈緒美館長)で開催中の展示会「土器と石器がやってきた!埋文セレクション」に合わせて、同展を主催する県埋蔵文化財センター(宮崎市)の「埋文セレクション講座」が4日、同館2階セミナー室で開かれた。親子連れらが地域の考古資料に親しんだ。

 会場には、土器の復元を疑似体験する立体パズル、型に石こうを流し込んで石器レプリカを作る体験、県内の遺跡から発掘された本物の土器の一部を使って文様を写し取る拓本体験など、子どもから大人まで楽しめる複数のコーナーが設けられた。

 参加者は、同センターの職員に教わりながら次から次にブースを回り、普段はなかなか触れることのない土器や石器に、ゲームを通じて触れた。職員から「県内で発掘された土器は貝殻で文様が付けられている物が多い」などの話を聞くと、参加者は体験の手を止め、興味深そうに耳を傾けていた。

 また、同センターと延岡市文化課による解説もあった。「延岡では古墳時代中ごろのよろいが多く出土していることから、日本が国の範囲を広げていく上で、重要な場所だったことが分かる」という。

 メモを取りながら熱心に解説を聞き、すべてのパズルに挑戦していた岩幸歩さん(東海小3年)は、学校で配布されたチラシを見て母親と参加。「陶芸に興味があり、同じ素材でできているんじゃないかと思ったので来た。どういう質の土で土器を作っているのかを調べてみたい」と、さらに興味を持った様子だった。

◆展示は25日まで

 「埋文セレクション」は県埋蔵文化財センターの移動展示会。主に延岡市周辺で発掘された土器や石器など約270点を25日まで展示している。入場無料。同センターの谷口晴子主査は「展示する機会がほとんどなかった貴重な資料もたくさん展示している。ぜひこの機会に見ていただければ」と、多くの来場を呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top