【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

食べた魚の名前は何

本紙掲載日:2019-08-12
7面
庵川漁協の市場を見学する子どもたち
海を眺めながら魚を試食

わくわく里海生き物観察会−門川

◆図鑑の制作者が解説

 門川町庵川西の庵川漁業協同組合で3日、「わくわく里海生き物観察会」があり、親子連れ約40人が市場見学、魚の試食、干潟観察などを楽しんだ。かどがわの里海保全プロジェクト(黒木浩史代表)主催。

 子どもたちに魚に興味を持ってもらうことが目的。町と宮崎大学が共同で制作し、7月に出版した「門川の魚図鑑」の完成記念コラボレーション企画として開催した。

 同図鑑の制作者である同大農学部海洋生物環境学科の村瀬敦宣助教と学生が講師として参加した。

 この日は台風の影響で漁獲量が少なかったが、市場にはカマスやアジ、シイラ、マグロなどが並んだ。子どもたちは図鑑を手に、魚種を確認しながら見学した。

 試食会では、トビウオ、カマス、ワカシなど前日と当日揚がった魚の塩焼きが振る舞われた。

 網で焼いている魚について村瀬助教は、「胸びれが黄色で黒の点点模様があるからアヤトビウオです」「ワカシはブリの子ども。出世魚のブリはサイズで名前が違います」と説明。

 また、カマスは日本近海で確認されている13種のうち8種が門川近辺で取れるといい、「門川は熱帯や温帯、北から南までの多種多様な魚が集まっている」と教えた。

 友人と参加していた河野拓実さん(11)は「マグロがでかかった。トビウオは初めて食べたけどとってもおいしい」と、笑顔で頬張っていた。

その他の記事/過去の記事
page-top