【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

バングラデシュのIT技術者

本紙掲載日:2019-08-12
3面
安田修町長と握手を交わすイムヂイ・マハムジル・ハサンさん

ハサンさん、門川町の会社に勤務

 門川町のシステム開発会社「クリエート(河野太喜社長)」に7月から、バングラデシュ出身のイムヂイ・マハムジル・ハサンさん(25)がIT技術者として勤務を始めた。ハサンさんはこのほど、河野社長らと共に役場の安田修町長を訪問、経緯や意気込みを語った。

 不足するIT(情報技術)の人材を海外から確保するため、バングラデシュの優秀なIT人材と県内企業をつなぐことを目的に国際協力機構(JICA)や宮崎大学などが産学官連携で取り組む「宮崎バングラデシュモデル」の制度を、同社が活用したもの。

 ハサンさんは、バングラデシュのディナジュプル出身。日本の有名私立大学に匹敵する同国内の難関私立大学を卒業した。来日を前に母国で3カ月、来日後は宮崎大で3カ月間の日本語学習に臨み、同社でのインターンシップを修了し8月1日付で正式に入社した。

 複数のコンピュータープログラミング言語を得意とし、同社では今後、ソフトウェア開発の業務に従事し、英文の翻訳や資料作成業務なども担うことになるという。

 町長室に入室したハサンさんは「クリエートのハサンと申します」と日本語であいさつし、安田町長と名刺を交換した。

 安田町長は、「企業が、町が発展していく基盤として活躍していただければうれしい。行政としてできる限り支援したい」と歓迎し激励。

 ハサンさんは「門川は人も優しいし、食べ物もおいしい。ソフトウエア開発の仕事を頑張ります」と決意も新たに感想を述べた。

 同社取締役でシステム部の久家栄二部長は「まだ戸惑っているところもあるが、彼の能力をいかに引き出すか。地域のお役に立てるスキルを構築していきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top