【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高校生レストラン〃開店〃

本紙掲載日:2019-06-25
2面
延岡学園高校で開かれた調理科3年生による「高校生レストラン」

延岡学園高調理科3年生

◆自慢の料理でおもてなし

 延岡学園高校(柳田光寛校長)調理科による「高校生レストラン」が22日、延岡市大峡町の同校で〃開店〃し、客として訪れた約50人を、同科3年生21人が自慢の料理でもてなした。

 高校生レストランは、これまでの学習で身に付けた基礎的な知識や技能を発表する場、接客や原価計算など飲食店経営の基礎を学ぶ場として開いている。この日のメニューは、生徒たちが前菜やスープ、肉料理など担当ごとに組み立てた。

 開店を前に、清松翔真さんが「県産食材をふんだんに使ったメニューです。ごゆっくりお楽しみください」とあいさつ。「プロバンス風ローストトマト」など3品の前菜、サラダ、スープに続き、魚料理の「スズキのロティと煮溶けたエシャロット赤ワインソース」、肉料理の「県産豚のバルサミコ酢焼き木の芽のジェノベーゼ」、デザートの「釜炒(い)り茶のチーズケーキ」などを順に提供した。

 盛り付けにも趣向を凝らし、目でも客を楽しませたほか、同校吹奏楽部のフルート3人がBGMとして3曲を演奏し、華やかな雰囲気を演出した。

 山浦琉聖さんは「おいしいと言ってもらえたことがうれしかった。次も(来てくれた人たちの)笑顔が見られるように頑張りたい」と手応えをつかんだ様子。孫がスープを担当したという七田幸子さんは(77)は「スープが断トツでおいしく感じました。学校で教わったことを将来に役立ててほしい」と成長を喜んだ。

その他の記事/過去の記事
page-top