【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

柔道ミャンマー男子代表−延岡で強化合宿

本紙掲載日:2019-06-18
3面
延岡市役所職員から歓迎を受けたミャンマー柔道男子代表チーム
県観光協会の冨眄賁獲事から県の激励品を受け取るヤン・ナイン・ソーさん

6階級6選手−延学などと稽古

◆6月24日朝まで滞在

 来年の東京五輪出場を目指すミャンマーの柔道男子代表チームが17日から、ホストタウンとする延岡市で強化合宿を始めた。24日早朝まで滞在し、延岡学園高校柔道部との合同稽古などでレベルアップする。期間中また、市内の中高校との交流事業も計画されている。

 ホストタウンとは、同五輪参加国・地域の事前キャンプなどを通じて相互交流を図る自治体をつくる政府の取り組みの一つ。延岡市とミャンマーは4月に登録が完了している。

 初めてとなった今回の合宿には、66キロ〜100キロ超級の6階級各1選手ずつと通訳1人の計7人が参加。初日は市役所を訪れ、読谷山洋司市長から「たくさんの柔道五輪メダリストを生んできた延岡で練習することになる。実り多い合宿となれば」と歓迎を受けた。

 前回のリオ五輪で旗手も務めたヤン・ナイン・ソーさん(40)=100キロ級=は「招待していただき、感謝している。精いっぱい頑張りたい。これからもミャンマーをお願いします」と意気込みを語った。

 選手たちは、期間中は市民体育館で稽古。午前中は9時30分〜正午まで、午後は4時から延岡学園高校柔道部と一緒に練習する。また、19日に同高校、21日に東海中学校を訪問し、各校の生徒と触れ合って日本文化などを学ぶ。

 ミャンマー柔道連盟によると、選手たちは11、12月にフィリピンで開かれる五輪選考会を兼ねた東南アジア大会に照準を置いており、出場権の獲得を目指すという。

◆県が激励の品を贈呈

 合宿2日目の18日は、県から激励品が贈呈された。選手たちが練習場とする延岡市民体育館に県観光協会の冨睇厂誓賁獲事が訪問。「延岡は柔道が盛んなまち。そういう素晴らしい環境で合宿できることは皆さんにとって貴重な経験になると思う。全力で練習に励み、また期間中は延岡市民の皆さんと国際交流を図ってほしい」と述べ、県産のメロン4玉をヤン・ナイン・ソーさんに手渡した。

その他の記事/過去の記事
page-top