【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ひなたWOMAN(3)宮茶房(五ケ瀬町)・永野歩さん

本紙掲載日:2019-06-18
1面

〃釜炒り茶〃極めたい

 生産量の少なさから幻のお茶ともいわれる「釜炒(い)り茶」。全国一の産地の西臼杵郡の中でもとりわけ盛んな五ケ瀬町にあって、昭和初期に創業し、有機栽培に取り組む宮茶房(宮亮社長)で働く。

 「仕上げ加工の一つで、味や香りを決める『火入れ』という作業を担当しています。商品は社長と東京などに売りに行くんですが、すっきりした飲み口と香ばしさが評判いいんですよ」

 延岡市と兄弟都市の福島県いわき市出身。高校を出てしばらく地元で働いた後に上京し、全国の郷土料理などを扱う店へ。そこで宮崎市内のお茶専門店の主人と出会い、最初に飲ませてもらったのが釜炒り茶だった。

 「こんなにおいしいお茶を、もっと本格的に勉強したいと思いました」

 おととしの4〜7月に住み込みで世話になり、昨春に五ケ瀬町に移り住んだ。

 「父親が日向市東郷町の出身で、縁を感じます。新しい試みなどにも快く後押ししてくれる職場環境にも満足しています」

 社長夫人の恵美子さん(51)は「屋内での大変な作業なのに、本当によくやってくれている。味覚も確かで安心して任せられる。欠かせない戦力」と信頼を寄せる。

 「自然豊かで、緩やかな時間が流れるこの土地が大好き。帰宅後に冷えたビールを飲むのが今の一番の楽しみです」

 励みになるのは、いつもおいしそうにお茶を飲んでくれる人たちの存在。

 「『もっといいものを作らなければ』の気持ちにさせられます。そのためにも、もっと知識と技術を深めたいですね」

(毎週火曜日掲載)

その他の記事/過去の記事
page-top