【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

詩人、本多利通をしのぶ−卯の花忌

本紙掲載日:2019-06-13
1面
詩人・本多利通をしのんだ「卯の花忌」

思いなど語り合う−延岡

 1989年に事故で亡くなった延岡市の詩人・本多利通(享年56)をしのぶ「卯(う)の花忌」が9日、同市幸町の岡富コミュニティセンターで、本多と交流のあった市内や東京などの詩人ら12人が参加して行われた。

 本多利通は延岡市消防署に勤務しながら詩作に励み、同じく同市の詩人・渡辺修三(1903〜78)らと交流。多くの優れた作品を残した。「卯の花忌」は毎年命日の6月4日前後に行われ、本多の作品をテーマに、その思想や背景を掘り下げている。

 今年は第三詩集「火の枝」から「稲妻」を取り上げた。実弟で詩人の寿さん(71)が作品の概略を説明。1971年、利通が38歳の時の死をテーマにした作品で、「火の枝」が出版される2年前に、親友であった渡辺修三が脳出血に倒れたことが創作のきっかけとされた。

 寿さんは、「戦争の体験があるので、若い時から死は常にそばにあった。利通が死についてどう考えていたかがよく表れている作品。死は(生まれた)順番ではないと考えると、この詩は理解しやすいかもしれない」と水を向けた。

 参加した人たちも「作品の核心は、死が等しく人の上にかざされていること。死を語るのは生きている人であり、渡辺へのさまざまな思いが読み取れる作品」「書かずにはいられなかったのでしょう。渡辺が死ぬことの不安が具体化したことが、この詩をつくらせたのではないか」などと、作品の背景に思いを巡らせた。

 また、寿さんが、利通への思いを寄せた新聞記事も紹介された。討論の後は、会場を移して酒席を囲み、亡くなって30年を経てもなお、心に響く作品を残した利通をしのんだ。

その他の記事/過去の記事
page-top