【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

農事組合法人「曽木」が発足

本紙掲載日:2019-06-13
3面
「農事組合法人・曽木」の設立総会

生産性向上、後継者不足解消へ延岡

 JA延岡管内では二つ目の農事組合法人となる「農事組合法人・曽木」の設立総会が、延岡市北方町の曽木営農集会所であった。同管内では下伊形の「いがた(盒鏡菊鸛塙臘后法廚紡海もの。

 曽木地区には2017年、曽木地域集落営農組合(74人)が発足しているが、農地集積や大型農業機械導入などの面で事業に限界があることから、同組合はそのまま残して、新たに法人組織を立ち上げることにした。

 農業生産性の向上と組合員の所得向上を目的としており、農業に活力を取り戻すことで後継者や担い手不足の解消にもつなげたいという。

 新組織の役員は集落営農組合の10人が兼務し、二つの組織が連携して地域農業の進展をはかる。管轄する地域は同町曽木、北久保山、うそ越え、猪渡(いのと)で、請け負う農地は合計10ヘクタールに上る。生産者の数は330戸で主食用米、飼料用米、牧草などを栽培。今年度はコンバイン、種まきや肥料散布に使うブロードキャスターの更新を計画している。

 理事長に就任した菊地光雄さん(67)は「法人組織が誕生したことで幅広い活動ができるようになった。これを機に豊かで安心して暮らせる地域づくりをめざしたい。地域に活気を取り戻すために、組合員一丸となって取り組みます」と意欲を話した。

 JA延岡の山本照弘組合長も「先輩の農事組合法人いがたは試行錯誤の中でそれぞれが努力を重ねて良い成績を残している。曽木の皆さんにも期待しています。他の地域の手本となるよう頑張ってほしいですね」と期待を込めていた。

 役員は次の通り。

理事長=菊地光雄▽副理事長=柴田英雄▽理事=甲斐日出男、甲斐正人、甲斐義之、井上敏彦(経理担当)、吉本尚人、河野清則▽監事=甲斐淳一、西田順一

その他の記事/過去の記事
page-top