【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

鉄板焼きの技術を学ぶ

本紙掲載日:2019-06-12
2面
南海グリル鉄板統括料理長の藤原隆司さん(右から2人目)らを講師に、ステーキに香りを付ける「フランベ」に挑戦する延岡学園高校調理科の3年生

延岡学園高調理科3年

◆プロの料理人を招き実習

 延岡市大峡町の延岡学園高校(柳田光寛校長)調理科の3年生21人は11日、プロの料理人から鉄板焼きの技術を学んだ。実習の一環として、昨年から年1回実施している。

 講師は、宮崎牛を扱うステーキ店「南海グリル」(大阪府堺市)の鉄板統括料理長藤原隆司さんら2人。この日は宮崎牛を使い、ステーキやピラフの実演を交えながら手順や焼き加減、ステーキを返す時に使うスケッパーや切り分ける時に使うフォークなどの扱いを教えた。また、ステーキに香りを付けるため、鉄板に注いだブランデーに火を付けアルコールを飛ばす「フランベ」を披露。燃え上がる炎とあざやかな手さばきで生徒たちを魅了した。

 藤原さんは「接待なのか結婚記念日なのか誕生祝いなのか、目の前のお客さま一人一人の状況に合わせ、お客さまに表現するのが鉄板焼き。お客さまの年齢に応じて、切り分ける大きさを変えるなどの配慮も必要になってきます」と説明した。

 その後、代表の生徒2人が挑戦。それぞれレア、ミディアムなど焼き加減を自分で設定し、焼き上がると、カウンター越しに客と向かい合っているイメージで「お待たせいたしました。どうぞお召し上がりください」とあいさつした。

 山浦琉聖さんは「シェフたちは軽々と料理しているように見えたが、実際に自分でやってみたらそうはいかなかった。焼き加減や盛り付けが難しかった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top