【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

軽度認知障害について学ぶ

本紙掲載日:2019-06-11
8面
MCIの予防に効果的な運動「コグニサイズ」を楽しむ参加者

市民ら約40人予防運動も体験−延岡

 健康長寿のまちづくりを支援するボランティア団体「のべおか健寿ささえ愛隊」(佐藤圭創隊長)の健康サポーター養成講座がこのほど、延岡市社会教育センターで開かれ、市民ら約40人がMCI(軽度認知障害)の予防法などを学んだ。

 これまで高血圧や糖尿病などをテーマに開催しており、今回で13回目。九州保健福祉大学薬学部教授の佐藤隊長と、理学療法士でデイサービスナラティブ(同市大貫町)の吉本龍司代表が講師を務めた。

 佐藤隊長は、MCIについて「認知症の前の段階」「認知機能の低下はあるが日常生活に困難をきたさない」「65歳以上の人口の13%が発症している」と説明。症状として「同じ会話をすることが多くなったり、やる気が湧かなくなったりする」などと解説した。

 また、必ずしも認知症に移行するとは限らない上、有病者の14〜44%が回復するという研究報告から「早期の発見と対応が大事」と強調。予防法として「健康な食生活」、「社会参加すること」、「口腔(こうくう)機能の改善」などを挙げた。

 吉本代表は、国立長寿医療研究センターが開発した予防に効果的な運動「コグニサイズ」を紹介。コグニション(認知)とエクササイズ(運動)を組み合わせた造語で、頭を使いながら体を動かすことによって「記憶力が向上し、海馬の萎縮を遅らせられる」と伝えた。

 参加者は4人一組で、足踏みしながら時計回りに1から数字を数え、3の倍数になったら手をたたくというルールを聞いて実践。足踏みが止まったり数を飛ばして数えたりと間違えては仲間同士で大笑いし、楽しそうに取り組んでいた。

その他の記事/過去の記事
page-top