【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

現代っ子に“心のおやつ”を

本紙掲載日:2019-06-11
7面
昨年延岡市で開かれたミニコンサートで、童謡について話す海沼さん
「童謡100年記念ジョイントコンサート」への来場を呼び掛ける実行委員長の末藤俊二さん(左)と副実行委員長の中島玖美子さん

7月28日、延岡で開催−童謡100年記念コンサート

◆海沼実さん、音羽ゆりかご会を迎えて

 童謡を歌おう――。「みかんの花咲く丘」「里の秋」の作曲で知られる海沼實さんの孫で作曲家、音楽評論家などとして活躍する海沼実さん(46)と、日本で最も歴史のある實さん創設の児童合唱団「音羽ゆりかご会」(東京都)を迎えた「童謡100年記念ジョイントコンサート」が7月28日午後2時から、延岡市東浜砂町の延岡総合文化センター大ホールで開かれる。県北の児童合唱団や県内の童謡愛好家、来場者との交流コンサート。童謡にまつわる海沼さんのトークも楽しめる。

 主催は同記念プロジェクト・のべおか実行委員会(末藤俊二実行委員長)と県立芸術劇場。のべおか文化事業団と市文化連盟の共催。「おじいちゃん、おばあちゃんはぜひお孫さんと一緒に。たくさんの子どもたちに聞いてもらいたい」と来場を呼び掛けている。

 童謡の始まりとされる児童雑誌「赤い鳥」の創刊から100年を迎えた昨年の5月、海沼さんは旅行で長女と同市を訪れ、ミニコンサートを開いた。同実行委員会の副実行委員長で、市内で合唱団を指導する中島玖美子さん(72)が、海沼さんの著書「海沼実の唱歌童謡読み聞かせ」(東京新聞発行)を団員たちに紹介したことがきっかけとなった。

 ミニコンサートの反響が大きかったことから、また、子どもたちにもっと童謡を好きになってもらいたいとの思いから、創設86周年の音羽ゆりかご会を迎え、今回のコンサートが実現する。「本が結んだご縁です」と中島さんは喜ぶ。

 第1部は初の九州公演となる音羽ゆりかご会(約20人)のステージ。指揮は海沼さん、ピアノ伴奏は延岡市の渡邊百合子さん。「ゆりかごの歌」「かなりや」「赤い鳥小鳥」「しゃぼん玉」などを歌う。

 第2部は県北児童合唱団(延岡少年少女合唱団・津野田音楽院・くろだおんがく教室、約40人)のステージ。指揮は工藤由紀子さん=同市=、ピアノ伴奏は村本文子さん=日向市=。「雨降りお月・雲の蔭」「兎(うさぎ)のダンス」「俵はごろごろ」をはじめ、郷土の歌人若山牧水作詞の「ダリヤ」「めだかごっこ」も歌う。

 第3部は、音羽ゆりかご会と県北児童合唱団による子どもたちのステージ。指揮は海沼さん、ピアノ伴奏は黒田沙代さん=延岡市=。さらに第4部ではコーラス青葉=宮崎市=、のべおか童謡を歌う会の童謡愛好家約50人を加え、客席の来場者にも呼び掛け「朝はどこから」「里の秋」「みかんの花咲く丘」などを一緒に歌う。

 音羽ゆりかご会の創設者で海沼さんの祖父・海沼實さんは生前、「童謡は心のおやつです。学校教育が主食だとしたら、その主食で補えない心の栄養分を、子どもたちが楽しみながら得ることができるのが童謡です」と語っていたという。

 実行委員長の末藤さん(80)は「童謡は美しい日本語と情感を揺さぶる簡潔な旋律で、子どもたちの豊かな情操を育んできました。ところが、現代の子どもたちの口から日常的に童謡が歌われることはなくなりました。その『心のおやつ』を延岡の子どもたちにも分けてもらいたいのです。子どもたちの手に童謡を返してやりたいのです」と話す。

 チケット(全席自由)は大学生以上1000円、小学生−高校生500円。未就学児は無料(ただし、保護者同伴とする)。車椅子介助席もある。

 延岡総合文化センター(電話延岡22・1855)などで扱っている。


◇音羽ゆりかご合唱団
創設86周年を迎える日本で最も伝統のある児童合唱団。鈴木三重吉ら文学者により1918年に創刊された児童雑誌「赤い鳥」に始まる「赤い鳥童謡運動」を継承する。命名は北原白秋によるもの。日本の児童音楽界をリードし、これまでに日本レコード大賞童謡賞を数回受賞。今回は初の九州公演となる。

◇海沼実さんプロフィル
東京都出身。明治大学卒業後、作曲家、音楽教育家、歌唱指導者として国内外で活躍。母は川田三姉妹として知られた童謡歌手の川田美智子(現在は海沼美智子)さん。祖父は「みかんの花咲く丘」「里の秋」などで知られる童謡作曲家の海沼實さん。實さん急逝の翌年の月命日に誕生したことから「実」と名付けられた。現在は「三代目海沼実」として實さん創設の児童合唱団「音羽ゆりかご会」を率いる。全日本音楽教室指導者連合会会長、日本童謡学会理事長などを務め、2017年に紺綬褒章を受章。5人の子どもを育てる〃イクメン〃でもある。「童謡心に残る歌とその時代」「海沼実の唱歌童謡読み聞かせ」など著書多数。

その他の記事/過去の記事
page-top