【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

キンカン輸出拡大目指す

本紙掲載日:2019-06-07
3面
みやざき「食と農」海外輸出促進協議会委員会

プロジェクトチーム発足へ−県、JA

 県産キンカンの人気が香港やシンガポールで高まっており、県やJAがプロジェクトチームを立ち上げて輸出拡大を目指すことが、6日に宮崎市であったみやざき「食と農」海外輸出促進協議会(会長・郡司行敏副知事)委員会で報告された。

 香港などでは旧正月に当たる春節(今年は2月4〜10日)に金運を招くとされる黄色い供物や飾り物の需要が高まる。キンカンもその一つ。装飾用が多かったが、近年は、皮ごと食べられ糖度が高い県産の生食が人気だという。

 このため、西臼杵支庁など県の関係部署や総合農業試験場、JAなどでチームを編成。残留農薬の規制やニーズ、かんきつ類の登録制度などへの対応、栽培体系の検討、販路開拓に向けた市場調査などに当たる。

 現在の品種としては春節に合わせて出荷時期の早い「温室きんかん」や発色性が高い「あかたま」を有力視。事業費として、国のグローバル産地づくり推進事業へ783万円を要望しているという。

 委員会では2018年度事業実績も報告され、農林水産物・食品輸出額のうち、農畜水産物が前年度19%増の55億4400万円で過去最高を記録。未集計・公表の加工食品・飲料と木材を加えれば目標総額57億2000万円の達成はほぼ確実で、過去最高だった前年の61億6600万円を更新する可能性が高い。

 さらなる拡大に向け、県はこれまでの輸出実績や関税、検疫条件などを踏まえ、輸出先の国・地域を「最重要」から「制約」まで4区分化。主要品目と有望品目を絞り込むなどして、戦略的に売り込むこととした。

その他の記事/過去の記事
page-top