【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

カウントダウンボード除幕

本紙掲載日:2019-06-07
3面
「あと500日」カウントダウンボードを除幕する「牧水かぁくん」(手前)と河野知事ら

2020年10月開催国文祭・芸文祭

◆あと500日−県民文化センター

 国文祭・芸文祭まであと500日―。本県初開催の「第35回国民文化祭2020」「第20回障害者芸術・文化祭みやざき大会」のカウントダウンボード除幕式が6日、宮崎市であった。除幕した河野知事は「県民の機運を高め、準備をさらに加速させられれば」と力を込めていた。

 国文祭・芸文祭は、「山の幸海の幸いざ神話の源流へ」のキャッチフレーズで、2020年10月17日から12月6日まで、県内全26市町村で多彩なイベントが実施される。

 除幕式はメディキット県民文化センター2階イベントホール入り口ホワイエで。高さ1メートル80センチのカウントダウンボードは、中央にA0サイズの公式ポスターを掲示し、残りの日数が電光掲示される。2台が製作され、1台は同センター1階、1台は県庁本館1階に設置するという。

 除幕式には河野知事のほか、県立芸術劇場の佐藤寿美理事長、県障害者社会参加推進センターの矢野光孝所長らが出席。県マスコットキャラクターの今大会バージョン「牧水かぁくん」「神話むぅちゃん」「音楽祭ひぃくん」も盛り上げた。

 除幕式後には、実行委員会第4回総会を実施。約90人が出席した。

 その中で市町村実行委員会主催事業の計画を紹介。県内全26市町村で133事業を予定しており、県北では延岡市15事業、日向市12事業、美郷町4事業などが承認された。

その他の記事/過去の記事
page-top