【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

デゴイチ囲み交流−延岡

本紙掲載日:2015-04-03
2面
親子連れなどでにぎわったD51の生誕75周年祭
運転席で笑顔を見せる子ども

大瀬町の公園−国鉄OBら記念祭

 延岡市大瀬町の大瀬街区公園(通称SL公園)で1日、展示されている蒸気機関車D51(通称デゴイチ)の生誕75周年記念祭があり、旧国鉄OBや地域の人らが出席した。市蒸気機関車保存会(倉永満会長)、JR九州大分地方本部延岡南支部(長沼静彦支部長)主催。

 デゴイチは「D51型485」で昭和49年から展示されている。昭和15年に小倉工場で製造された。長さ19・5メートル、重さ約86トン。同23年に南延岡機関区に配置され、引退するまで約272万キロ(地球68周分)を走り、工都延岡の発展を支えた。

 記念祭では、SLの車掌などを務めた長沼支部長が「一番後ろにある車掌車には煙が充満して大変だった」と現役時の思い出を振り返りながら、「たくさんの人に集まっていただきありがとうございます。ミニSLやゲームを楽しんでください」とあいさつした。

 この日は、普段、入れない機関車の運転室を開放。ミニSLを走らせたり、お菓子釣りのゲーム、同SLの運転経験のある和田滋さん(78)による絵画の展示もあった。来場者は、運転席で記念写真を撮ったり、ミニSLに乗車したりして楽しんでいた。

 同公園にSLを乗り入れた和田さんは「夜間に交通規制をして行った。25メートルのレールを2本使って、25メートルずつ継ぎ足しながら運んだんです」と思い出を語りながらSLを眺めていた。

 アスベストの問題で一時は撤去が決まっていたSL。保存活動に尽力した倉永会長は「郷土の産業文化財。今後も長く守り続けていってほしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top