【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

富島−聖地で戦う18人

本紙掲載日:2022-08-05
7面

プロフィルは背番号、名前、位置、学年、身長、体重、投打、小、中学校時代
の所属(中学校の所在地)。本人記入のアンケートから。


◇判断光る外野の中心−椎葉虹太(しいば・こうた)中堅手

3年、172センチ71キロ、右投げ左打ち
富島中(延岡リトルシニア=硬式)
打球判断光る外野の中心。宮崎大会は不振に苦しんだが決勝は先制打。きっかけをつかんだ


◇劇的弾に小技もさえる−海野直人(うみの・なおと)右翼手

3年、177センチ70キロ、右投げ左打ち
高松少年団(ソフト)−美々津中野球部=日向市
準々決勝で決勝2ランはチーム唯一の本塁打。強肩で、バント安打など小技もさえる


◇捕手に内野に万能選手−安藤希空(あんどう・のあ)内野手

3年、175センチ66キロ、右投げ右打ち
美々津マリナーズ―美々津中野球部=日向市
本職の捕手に加え、内野どこでも守れる万能選手。1安打ながら3犠打などつなぎ役を全う


◇思い切りのいい右打者−堀谷源太(ほりたに・げんた)外野手

3年、176センチ78キロ、右投げ右打ち
高鍋東小少年団−高鍋東中野球部=高鍋町
左翼手で5試合に出場し、11打数二塁打1本を含む2安打。堅い守りでも貢献した


◇チームを支える−黒木駿羽(くろき・とわ)外野手

3年、168センチ62キロ、右投げ右打ち
清武ヤンキース−清武中野球部=宮崎市
宮崎大会は出場なし。堅実な外野守備とブルペン捕手としてチームを支える。


◇貴重な救援左腕−竹中太河(たけなか・たいが)投手

3年、178センチ74キロ、左投げ左打ち
富島中(延岡ボーイズ=硬式)
切れのいい変化球を投げ込む貴重な左腕。初戦は試合を締めて、代打で出場も


◇俊足の外野手−雜賀洸斗(さいが・ひろと)外野手

3年、164センチ63キロ、右投げ右打ち
富高(ソフト)―日向中野球部=日向市
50メートル6秒3と俊足の外野手。1回戦と3回戦の2試合、途中から左翼の守備に就いた


◇勝負強い右打者−竹内鉄二(たけうち・てつじ)外野手

3年、170センチ69キロ、右投げ右打ち
諸塚球友−諸塚中野球部=諸塚村
出場は1試合だが、2打数2安打の4打点。勝負強さが持ち味で、代打での一本に期待


◇粟通拓志(あおやぎ・たくし)内野手

2年、170センチ58キロ、右投げ右打ち
門川ホワイトバッファローズ(ソフト)−門川中野球部=門川町


◇瓜田龍星(てらだ・りゅうせい)内野手

2年、168センチ59キロ、右投げ左打ち
若鷲(ソフト)−財光寺中野球部=日向市


◇家前和茂(おまえ・かずしげ)外野手

2年、166センチ64キロ、右投げ右打ち
椎葉中野球部=椎葉村

その他の記事/過去の記事
page-top