【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

夢を叶えるために−

本紙掲載日:2022-06-20
8面

緒方さん(ケーブルメディアワイワイ)講話−延岡南浦中

 将来の夢や希望に向かって努力する気持ちを高めようと、延岡市立南浦中学校(濱下裕二校長、13人)は15日、ふるさと教育推進事業として講話「子どもたちに伝えたいこと」を開き、1〜3年生13人が将来についての意識を深めた。

 困難に立ち向かうたくましさや自立する力を育むとともに、これから予定している職場体験学習への意識高揚も目的に開いた。

 講師は、ケーブルメディアワイワイメディア局メディア事業部コンテンツ制作課主任の緒方美紅さん(32)。「夢を叶(かな)える三つのこと」と題して話した。

 緒方さんは自身の経験から志望大学に合格するために実践した三つのこととして、〔槁犬鮖罎暴颪△箸砲くやってみる失敗にもくじけないを挙げた。

 その後、進学した関東の大学で友人から「宮崎には何があるのか」と尋ねられ、地元を詳しく知らないことに気付き、地元のことを伝える仕事に就こうと決意。志望大学に合格するためにした三つのことを再び実践し、同社に入社したという。

 職場での仕事内容についても紹介。地域の人がもっと地域に詳しくなってほしい、もっと地域を好きになってほしいという思いから番組を制作していることや、1分30秒のニュースを制作するのに3時間以上を費やしていることなどを説明した。

 また、仕事をする上で大切なこととして、楽しむこと、相手の立場に立って考えることを心掛けているとし、「働くことは自分が心からやってみたいと思うこと、そして誰かの役に立つことだと思う。今思う自分の好きを大切にしてください」と締めくくった。

 生徒を代表して、3年の中川永理さん(14)が「(緒方さんが行った)三つのことに加えて小さなことも積み重ねて、獣医師というなりたい夢に向かって道を進んでいきたい」とお礼を述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top