【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ECサイト「旅するひなた」開設−パシック

本紙掲載日:2022-05-26
8面

9市町村の物産−生産者から直送

◆「県北とつながるツールとして」

 旅行や観光まちづくり事業などを手掛けるパシック(岩佐純一社長、延岡市緑ケ丘)のグローカルプロデュース事業部(同市大瀬町)は先月、インターネットで通信販売を行うECサイト「県北物産セレクトショップ『旅するひなた』」をオープンさせた。脇坂千恵課長(30)は「会えない、足が運べない中、県北とつながるツールとして使ってもらいたい」と期待する。

 同事業部は、2019年3月に「旅行を通してまちづくりに貢献しよう」と事業開始したところ、1年足らずでコロナ禍に襲われた。

 「旅が不要不急の外出となり、何かやろうとするたび、コロナで中止になった。今は旅行を軸に地域貢献は難しい」。将来の目標として掲げていた物産事業の開始予定を前倒しして挑戦することを決め、1年以上かけて準備した。

 同ショップの目的は、(産が旅のきっかけになる地元生産者の応援8北の魅力を届ける―の三つ。観光はもちろん、県外からの帰省も難しく、「宮崎とゆかりのある人とのつながりを途絶えさせたくない」との思いもある。

 買い物を旅感覚で楽しんでもらえるよう「海」「川」「山」「まち」の四つのカテゴリーで商品を配置し、生産場所も表示している。

◆県北物産、生産者から直送で

 旅で回れる範囲として延岡市だけでなく、県北9市町村の商品を対象とし、現在13社の商品を掲載。生産者から直接商品を送る産地直送スタイルを取る。また、「リアルタイムで旬な情報を届けたい」と、県北地域の話題をまとめた「旅するひなた通信」を年4回発行。発送の際に同封するという。

 見据えるのはアフターコロナで、「県北地域の観光、食を伝えることで、『ここに行きたい』『あそこに行きたい』という話になれば」と脇坂さん。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用し、「商品だけでなく観光情報も発信したい」と意気込む。売り上げの一部は地域貢献のために充てるという。

◆オープン記念でキャンペーン

 オープンを記念し、今月30日までに購入した人の中から抽選で3組に「延岡ペア旅」が当たるキャンペーンを実施中。延岡市内のホテルでの宿泊代、市内の飲食店での夕食代、アウトドア体験代が含まれる。

 問い合わせは同事業部(箟箍27・5986)。

◆ECサイト

 商品やサービスをインターネットの自社などのウェブサイトで販売するサイトのこと。エレクトロニックコマース(電子商取引)の略。旅するひなたは、「旅するように楽しくおいしい物に出合い、里帰りするように懐かしいものに出合える場所を」と誕生させた。

その他の記事/過去の記事
page-top