【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ココカラSDGs−第14回「森林(もり)から考えるSDGsアクション」(下)

本紙掲載日:2022-05-26
6面

▽放置竹林を解消「笹サイレージ」―田中さん
▽一から十まで木材を有効活用―家村さん
▽何か楽しい、どんどん輪を広げたい―伊藤さん
▽「続かない」この緑、自分たちに何ができる―難波さん

−−目標15「陸の豊かさも守ろう」の達成につながる取り組みとして、大和フロンティアの「笹(ささ)サイレージ」事業について教えてください。

〈田中〉「笹サイレージ」事業は放置竹林を解消するため、竹を有効活用した取り組みです。
伐採した竹をパウダー状にし、乳酸菌などを混ぜてビニールで梱包(こんぽう)後、40日間発酵させたもので、家畜用発酵粗飼料として県畜産試験場と共同で開発し、製造販売しています。
畜産分野では、輸入に頼らない餌の自給率向上につながり、牛や豚の肉質向上にもつながることが分かっています。また、農業分野では作物の品質向上や収穫量向上につながり、さらにサツマイモ基腐病(もとぐされびょう)の予防など、病害対策にも効果を発揮しています。
地域の未利用資源である竹林を整備、活用して基幹産業の所得向上につなげたいと取り組んでいるところです。

〈難波〉これってすごい取り組みですよね。いろいろな社会課題がある中で、大学や行政とも手を取り合って、その課題解決だけでなく、ビジネスやまちづくりにもつながっています。SDGs達成の大きなヒントになるのではないでしょうか。

−−続いて、イエムラの取り組みを教えてください。

〈家村〉弊社には、20〜60代まで満遍なく幅広い年齢層の家具職人がいます。一人一人の家具の作り方やこだわりなどは違いますが、全員の長所を生かしながら家具を製作しています。
国産材を使うことで市の補助金などが出る事業もありますので、その点もお客さまに提案しながら家具製作を進めています。
また、弊社は社会人サッカーチーム「FC延岡AGATA」のサポート企業にもなっています。選手の1人(南里慧斗さん)は弊社で働いています。
彼には家具の部材のプレスや、家具の角を取る仕上げのペーパー掛けをしてもらっています。そこから徐々に家具製作まで、いろいろなものが作れるようになってくれたらいいなと思っています。

〈難波〉職人というと年齢が高く、頑固な人が多く、技術がなかなか引き継がれないといったイメージがあります。しかし、お話を聞いていて技術がしっかりと継承されているように感じます。
また、社員がどの世代も満遍なくいるイエムラさんには、社員からの期待かつ働きやすい職場環境があるのだと思います。

〈家村〉もちろん働きやすい職場環境を整えたり、仕事を受注したりすることが僕たち経営陣の仕事です。その点を心掛けながら、なるべく若い世代を育てようという方針で今取り組んでいます。

−−続いて、伊藤さんの取り組みを教えてください。

〈伊藤〉保険の代理店に勤めています。林業は全国的に見ても、業務中のけがや亡くなってしまうなどの業務災害が多い業種です。保険を通じて、危険な仕事をされている方々に安心をお届けし、ご家族の不安も少しでも解消できればと木青会のメンバーをメインに、いろいろな保険の提案をしたり、事故に遭ったときの相談や事故が起きないように対策を話したりしています。

〈難波〉伊藤さんは山師として働いた経験をお持ちだと聞きました。

〈伊藤〉週末だけ山師という生活を4、5年続けていました。保険の仕事も続けていましたが、仲の良いお年寄りのお客さまから「裏山の木が茂って日当たりが悪くて困っている」と言われ、相談を受けたもう1人も林業に興味があったので、自分たちで木を切ってあげようと始めました。そして、その木をどうにかして収入にできないかと考え、「複業」として山師をしていました。

−−「森林」という視点から社会を持続可能にしていくために、どのような課題があるとお考えですか。

〈田中〉30年後、都城市内には私有林の木がなくなると言われています。延岡市などの県北で職人がしっかり育っていることを見習わなくてはいけません。木青会でもその点をどのように進めていけばいいのかを考え、植林にも取り組んでいこうと考えているところです。

〈難波〉伐採し、かつ森を育てていく。それは未来のためにつながっていく。その中で、林業に携わる人が少なくなっていることも大きな課題だと思います。この課題を解決していかないと、温室効果ガスなどの解決は難しいです。危機感を持ちながら必死に取り組まれている姿を、私たちはしっかりと知るべきだと思います。

−−最後に、皆さんの「ありたい未来」について教えてください。

〈家村〉僕の認識では、SDGsは持続的に地球を存在させるという取り組みです。弊社では、一から十まで木材をなるべく有効活用しようと取り組んでいます。
多少なりとも資源を大切にするという気持ちを持つことで、SDGsの活動に貢献できればと思っています。自分たちにできることは限られていますが、同世代の木青会の仲間とどういうことができるのか話し合っていきたいです。

〈伊藤〉木青会の仲間と一緒に活動していて楽しいです。メンバーのキャラクターがそれぞれあって、熱い思いがある。みんなが集まると何か楽しいよねと感じます。そのような輪をどんどん広げていけたらと思います。そのために、今の活動を頑張ってやっていきたいです。
ただ、延岡木青会の会員は現在4人です。県内でも最少人数の精鋭で活動しています。ご興味のある方はぜひ、ご連絡ください。

〈田中〉弊社としては、地域一体となって先進的に取り組んでいきたいと思っています。都城木青会や県全体の木青会としても、未来の子どもたちに向けて行動していきます。
また、都城木青会の会員が全国組織の日本木青連の委員長を務めており、来年度の全国木工工作コンクールの委員長も務めます。宮崎県の木工工作コンクールに数多く出展していただき、県から日本一の木工作品を出したいと思っています。ぜひ小学校関係者の方々、ご参加よろしくお願いします。

〈難波〉SDGsが目指しているのは経済、社会、環境の調和です。今回、ゲストの皆さんからヒントをたくさんいただきました。社会、経済を下支えするのが環境です。そのために木が好きな人を育てていく木育が必要になります。
宮崎県には緑がたくさんあり、皆さんはこの緑がずっと続くと思っていると思いますが、「続かない」のです。このことをぜひ皆さんに知っていただき、自分たちに何ができるのかを感じていただけたらありがたいです。


【第14回の出演者】
〈ゲスト〉大和フロンティア(都城市)の専務・田中裕一郎さん、イエムラ(延岡市)の常務・家村健太さん、FEA延岡中央支店(同)の支店長・伊藤信行さん。
〈アドバイザー〉SDGsコミュニケーター難波裕扶子さん(日向市)
〈ナビゲーター〉松田祐子さん(FMのべおか)

■第14回の再放送
26日午後8時、29日午前11時からの2回

(おわり)
■第15回の内容
〈テーマ〉「住まいから考えるSDGsアクション」。
〈ゲスト〉池上冷熱(延岡市)の専務・新名裕一さん、和光産業(同)の専務・山口勝久さんと住宅建築事業部・盒興啜さん。
〈放送日〉6月16日午後1時から
〈再放送〉6月23日午後8時から、同26日午前11時からの2回

その他の記事/過去の記事
page-top