【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向市美展−入選・入賞作決まる

本紙掲載日:2022-05-25
7面

29日から市文化交流センターで展示

 市民らが制作した多彩な美術作品を展示する「第42回日向市美術展覧会」は29日から、同市中町の市文化交流センターで始まる。6月4日まで。絵画・デザイン、書、写真、工芸・彫刻の4部門あり、同市、延岡市などから192人、231点の応募があった。開場は午前10時から午後5時(最終日は同2時まで)。入場無料。市、市教育委員会の主催。

◆学生部門を新設

 今回は「若い世代の励みになれば」と、これまでひとくくりにしていた枠を「一般部門」と高校生対象の「学生部門」に分けた。

 審査は24日に行われ、同日、結果が発表された。一般部門の特選には野村幸枝さん(延岡市)=絵画・デザイン部門=、児玉孝子さん(日向市)=書部門=、白谷俊一さん(延岡市)=写真部門=、矢北高雄さん(日向市)=工芸・彫刻部門=が選ばれた。

 表彰式は6月4日午後4時から、同センター小ホールで開かれる。

 期間中は、同センター交流広場を中心に多彩なイベントを予定している。

 初日の29日は午前10時から日向市美術協会の会員による絵画制作のパフォーマンス、午後1時からオープニングセレモニー。セレモニー終了後、同市と門川町の6グループによる「コーラスの祭典」。

 同2時からは同市写真協会による写真撮影講座。参加自由。カメラや撮った写真(1人3枚まで)を持参すれば、会員が構図などをアドバイスする。

 画材を持ち寄って楽しくスケッチする「みんなでスケッチ大会」は30日午前10時から。参加自由。同市美術協会の会員がアドバイスする。

 また期間中、同市の芸術・文化事業をボランティアで支援する「ヒュウガプランニングサポーター」が、花の植栽「ウエルカムガーデン」で来場者を出迎える。

 各部門の入選・入賞者は次の通り。


■一般部門
▽絵画・デザイン部門
【特選】野村幸枝(延岡市)
【準特選】中丸逸夫(日向市)大隣美香(同)
【市文化連盟会長賞】長友幸子(都農町)
【日向文化振興事業団賞】落合直文(日向市)
【日向商工会議所会頭賞】横山佳人(日向市)
【市観光協会長賞】窪田利重(日向市)
【市東臼杵郡医師会長賞】片田通(日向市)
【中島美術館長賞】濱田憲明(日向市)
【奨励賞】奈須隆生(諸塚村)
【無鑑査】宇田津徳市(日向市)上山晴久(延岡市)小川新一郎(日向市)林弘之(門川町)

▽書部門
【特選】児玉孝子(日向市)
【準特選】西田裕也(宮崎市)飯沼香保子(日向市)
【市文化連盟会長賞】黒岩悟(日向市)
【日向文化振興事業団賞】落合綾乃(都城市)
【日向商工会議所会頭賞】植野洋一(延岡市)
【市東臼杵郡医師会長賞】宮本元子(日向市)
【市・東臼杵郡薬剤師会長賞】本吉良子(日向市)
【中島美術館長賞】荒巻孝行(日向市)
【奨励賞】長友由紀子(日向市)鈴木智子(門川町)
【無鑑査】坂本淳(日向市)黒木弥生(同)嶋田千代美(同)畝原ひろみ(同)藤川一成(同)

▽写真部門
【特選】白谷俊一(延岡市)
【準特選】押方徹(日之影町)松尾香代子(日向市)
【市文化連盟会長賞】福川原敏憲(延岡市)
【日向文化振興事業団賞】甲斐靖一(延岡市)
【日向商工会議所会頭賞】小川忠之(日向市)
【市東臼杵郡医師会長賞】鈴木りえ(日向市)
【市東臼杵郡歯科医師会長賞】富山隆志(延岡市)
【中島美術館長賞】井上政範(日向市)
【奨励賞】小松清春(延岡市)佐藤力祥(日向市)
【無鑑査】稲田義美(日向市)植野浩人(同)日眛出男(門川町)

▽工芸・彫刻部門
【特選】矢北高雄(日向市)
【準特選】中野小百合(日向市)
【奨励賞】原辰義(延岡市)
【無鑑査】芝行則(日向市)

■学生部門
▽絵画・デザイン部門
【市文化連盟会長賞】黒木詩夕(日向市)
【日向文化振興事業団賞】成合怜秋(日向市)
【日向商工会議所会頭賞】黒木はるか(日向市)
【市観光協会長賞】黒木ひなた(日向市)
【市東臼杵郡医師会長賞】安藤初流乃(日向市)
【市・東臼杵郡薬剤師会長賞】松田ちひろ(日向市)
【中島美術館長賞】春木勇悟・前田大翔(日向市)
▽写真部門
【市文化連盟会長賞】児玉姫乃(高鍋町)是則さくら(日向市)
【日向文化振興事業団賞】村上稜真(延岡市)甲斐唯鈴(高鍋町)
【日向商工会議所会頭賞】稲田充希(高鍋町)河野佑希乃(同)
【市東臼杵郡医師会長賞】桑野菜月(高鍋町)森洸介(川南町)
【市東臼杵郡歯科医師会長賞】吉田彩乃(高鍋町)
【中島美術館長賞】岩切温慈(高鍋町)


◆審査員による公開講評も

 審査結果の発表に合わせて24日、各部門の審査員4人が、展示会場でギャラリートーク(公開講評)を行った。

 作品を応募した市民らが多数駆け付け、技術や構図に関するアドバイスのほか、時代性を踏まえているか、コンセプトが明確に伝わっているかなど審査員の言葉に、熱心に耳を傾けていた。

 学生部門の絵画・デザインを審査したイラストレーター上杉忠弘さん(56)=東京都在住、延岡市出身=は「何より、こういう展覧会に作品を応募した、チャンスを自分から取りに来た高校生の皆さんの行動力をたたえたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top