【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

22日の地震受け無料法律相談

本紙掲載日:2022-01-26
1面

延岡、日向市の弁護士有志−27日〜2月28日

 22日未明以降の日向灘を震源とする地震および余震の発生を受けて、延岡市と日向市に事務所を構える弁護士有志(代表・松本明三弁護士)は27日から、全12法律事務所で無料の法律相談会を開く。期間は2月28日まで。

 対象は同地震および余震の被災者。有志によると、過去の地震被災者からは、ブロック塀が壊れて隣家の壁を傷つけてしまった場合の修理費用に関する相談、屋根などの修理業者との契約の解約に関する相談などがあったという。

 相談申し込みは各事務所が電話で受け付け、日時を決める。各事務所は、マスク着用等の新型コロナウイルス感染対策への協力とともに「今般の地震や余震における法律上の悩みをお持ちの方は、お気軽にご連絡ください」と呼び掛けている。

 相談会実施場所と連絡先は次の通り。

[延岡市]成合一弘法律事務所(箟箍32・4500)ひなた法律事務所(箟箍29・2977)弁護士法人西山松岡法律事務所(箟箍33・7250)弁護士法人延岡総合法律事務所(箟箍34・3535)弁護士法人松本ひろみ法律事務所(箟箍23・7042)弁護士法人みなみ総合法律事務所(箟箍20・5227)弁護士法人みやざき(箟箍35・5100)法テラス延岡法律事務所(筍娃毅亜Γ械械牽魁Γ娃毅横亜

[日向市]日向法律事務所(籠向50・3711)弁護士法人えいらく法律事務所(籠向66・0881)弁護士法人ニューポート法律事務所(籠向66・0750)本町ひまわり法律事務所(籠向66・9760)

その他の記事/過去の記事
page-top