【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

結婚応援キャンペーン

本紙掲載日:2022-01-26
3面
「神話婚」のポスターを手にする三浦理事長ら延岡日向ウエディング協議会の役員(ガーデンベルズ延岡)

延岡日向ウエディング協議会

◆コロナ禍ためらうカップルを後押し−ひむか神話婚、着付け料など負担

 コロナ禍などで結婚式を開くことをためらっているカップルを後押ししようと、延岡日向ウエディング協議会(理事長・三浦一洋メモリード宮崎婚礼部統括総支配人)が33万円分の特典を用意した結婚応援キャンペーンを企画した。

 「ひむか神話婚」と名付けられた同キャンペーンは、県北の神社7カ所いずれかで挙式。白無垢(むく)や紋付きはかまのレンタルや着付け、メークなどを全額、協議会が負担する形でプレゼントする。

 協議会に加盟する婚礼会場4社のいずれかで年内に、30人以上の会食披露宴を実施可能なカップルが対象。すでに結婚していて式を挙げていない夫婦も歓迎する。ただし、応募期間中に初めて来館するカップル限定で、今月15日から2月14日まで受け付けている。

 同協議会によると、2019年に約260件だった延岡・日向エリアの結婚披露宴は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、一昨年と昨年は70〜80件まで減少。一方で婚姻数自体はコロナ前とほぼ変わらず推移しており、式を挙げずに籍だけ入れる「ナシ婚」が急増したという。

 結婚応援キャンペーンの発表会見に臨んだ三浦理事長は各式場とも感染防止策を徹底しているとして、これまでの披露宴出席者から感染が確認された事例はないことを強調。挙式を諦めたり悩んでいるカップルに向け、「一組でもやってみたいという方が増えてくれれば」と期待を込めた。

 延岡日向ウエディング協議会はブライダル事業を通じて県北の活性化を目指そうと、結婚式場をはじめ、写真館、酒造メーカー、花店、貴金属店など関係事業者で15年に発足。さまざまな事情で挙式できないカップルに結婚式を提供する「夢婚」や高校生によるブライダルファッションショー、オリジナル婚姻届の作成など、さまざまな企画や支援に取り組んでいる。

 「ひむか神話婚」の対象となる披露宴会場は次の通り。それぞれ申し込み・問い合わせを受け付ける。

【披露宴会場】延岡市=マリエールオークパイン延岡(筍娃隠横亜Γ械亜Γ苅娃牽后法▲ーデンベルズ延岡(箟箍21・1122)▽日向市=ホテルベルフォート日向(籠向52・0001)、アンクールピュール(籠向53・5212)。

その他の記事/過去の記事
page-top