【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県内画家4人を紹介

本紙掲載日:2022-01-22
7面

ArtwallMiyazaki

◆25日までギャラリーかわなかで展示会

 宮崎県内で絵画のレンタルサービスを提供しているArtwallMiyazaki(丸直美代表)が主催する展示会「白からはじめて」が21日から、延岡市伊達町のギャラリーかわなかで始まった。25日まで。入場無料。

 ArtwallMiyazakiに在籍し、県内で精力的に活動する画家4人の作品を展示。新作を中心に、個性豊かな約60点が会場を彩っている。

 4人はジェームス・ハリスさん(都城市在住)、丸晃さん(宮崎市在住)、池部貴惠さん(同)、中嶋美穂子さん(同)。

 このうち中嶋さん(36)は、人の表情を中心に据えたたん美的な作風が特徴の日本画家。絵の具の盛り上がりと、通常より分厚い「土佐和紙」のザラザラした質感を生かし、繊細かつ立体感のある作品に仕上げている。「日本画材『岩絵の具』の良さを、見ている人たちにどう伝えるかを常に意識しながら描いています」

 また、力強い筆致が印象的なハリスさんのアクリル画や、陰影を生かした丸晃さんの油彩・水彩画、池部さんのアクリル画のカラフルな色使いも目を引く。作家によって変わる世界観やテーマ、画法の違いを存分に楽しむことができる。

 さらに、会場で流れるBGMも作品の一つ。宮崎市在住のピアニスト横山起朗さん(32)が、今展示会のために8曲を書き下ろした。あえて口ずさめないメロディーにすることで、視線が絵に誘導され、絵が引き立つことを意識したという。

 丸代表(37)は「宮崎には、素晴らしい作家がたくさんいるということを知ってほしい」と強調。「目で耳で、気軽に作品に触れてもらい、自分との対話の時間を楽しんでもらいたい」と来場を呼び掛けた。

 開場は午前10時から午後6時(最終日は午後5時)まで。作品は購入もできる。

その他の記事/過去の記事
page-top