【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

巨典の−−故郷は遠きにありて思うもの(9)

本紙掲載日:2022-01-15
8面

まんじゅう対決−眦痛十(延岡)vsむっちゃん万十(福岡)

◆おかず系の先駆者「ハムタイ」−庶民のおやつ一番人気の「ハムエッグ」
 独自のおいしさを創造した功績「勝者、眦痛十!」

 2022年が始まりました。皆さんは、どんな正月をお迎えでしたか?

 私が中学生の頃は、初詣は春日神社、初日の出は長浜海岸と、寒さに負けずに自転車であちこち出掛けていたものです。そして、お年玉のほとんどは「アヅマヤ」「旭化成サービス」「寿屋」のおもちゃ売り場や延岡模型センターなどで、プラモデル購入にと消えていました。

 さらに、お年玉が残っているうちは買い食いもちょっとリッチになり、実家のある南延岡から延岡駅までこれまた自転車をこぎこぎ。「眦痛十」まで〃遠征〃していたことも思い出されます。

 さぁ、その思い出にのっとって新春1回目のテーマは「福岡延岡・まんじゅう対決」です!

 延岡市民なら、誰もが一度は食べていると言っても過言では無いでしょう「眦痛十」。

 大正10(1921)年の延岡駅開業から間もなく創業しましたが、昭和10年ごろまでは青果店でした。同20年ごろ、大判焼き・たい焼き専門店となり、現在に至ると言いますから、いかに延岡市民に愛されてきたかが分かりますね。

 メニューは、あんこたっぷりの「タイ焼き」、そして、おかず系まんじゅうの先駆者「ハムタイ」。この二つがツートップでしょうか。

 ハムとマヨネーズが入ったハムタイは、約40年前からパンダの形で焼き上げ、子どもから大人まで人気の商品です。豪華版の「ハムタイMAX」にはキャベツ、卵、ソースが入ります。味の独創性においては、ハムタイはチキン南蛮と肩を並べるかもしれません。

 一方、福岡の庶民のおやつとして代表的なものの一つが「むっちゃん万十」です。

 むっちゃんとは、魚のムツゴロウのこと。有明海のムツゴロウを形に残そうと、ムツゴロウの姿に焼き上げ、「むっちゃん万十」と名付けられました。現在、福岡県を中心に18店舗を展開中。

 生地の中にはさまざまな具が入ります。一番人気は「ハムエッグ」。眦痛十のハムタイにかなり近いものがありますが、半熟卵、千切りキャベツ・ハム、マヨネーズが入っています。かぶりつけば、マヨネーズの程よい酸味と、とろける半熟卵の甘味、キャベツとハムの食感が福岡県民のハートをわしづかみしているようです。

 姉妹品の「むっちゃんバーガー」にはハンバーグ、千切りキャベツ、マヨネーズが入り、変わり種の「ごろごろちゃん」にはタコ、キャベツ、マヨネーズ、たこ焼きソースが入っていて、たこ焼き好きのニーズにもしっかり応えています。

 それでは、比較検討してみましょう。

 まず、お店の歴史は大正時代の始まりで眦痛十の勝ち。そして、メニューの種類においてはむっちゃん万十が優勢となっています。さぁ、ここまではイーブンです。そして、最も大切な味、おいしさはどちらに軍配が上がるのでしょうか!?

 では、発表します……。卵とマヨネーズのシンプルな組み合わせで独自のおいしさを創造した功績を称え、「勝者、眦痛十!」。おめでとうございます!読者の皆さま、どうぞ大きな拍手をお送りください!

(元UMKアナウンサー。現在、フリーアナウンサーとしてテレビ西日本の「ももち浜ストア」のMCを担当。日之影町生まれの延岡育ち。趣味は渓流釣り。県北のほとんどの川で釣りをしたというヤマメ釣り歴45年。延岡高校31回生・1979年3月卒/リポートは月2回のペースで掲載します)



その他の記事/過去の記事
page-top