【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

Enjoy!家トレ(18)tarzan協力

本紙掲載日:2022-01-14
8面

体の連動性、機能性アップ

 新年明けましておめでとうございます。

 久しぶりの「Enjoy!家トレ」。前回の掲載から随分と間隔が空き、いつの間にか終わったと思われた方もいるかもしれませんが、まだまだ続きます。今後も不定期ではありますが、よろしくお願いします。

 さて今回は、筋力向上と並行して体の連動性を高める運動をご紹介します。

 下半身の筋力アップは、歩行機能の維持や強化に効果的です。また、太ももやお尻など体の中でも大きな筋肉を使うことでダイエット効果も期待できます。

 一つの筋肉のみにアプローチするのではなく、多くの筋肉や関節を使った多関節運動によって体の連動性や機能性を高め、転倒予防などを図ることができます。ぜひチャレンジしてみてください。

 まず一つ目の「ツイストランジ」は、下半身との連動性やバランス能力の向上などの効果が期待できます。

 二つ目の「スクワット&カーフレイズ」は、太ももとふくらはぎの筋肉を鍛えるとともに、下半身全体の連動性を高めることができる運動です。さらに、両腕の動きを加えることで上半身との連動性も向上させることができます。

(フィットネスクラブ「ターザン」・塚元秀樹)


◆ツイストランジ
・胸の前で両腕を組み、足を前後に大きく開いて立ちます(写真 
・前に出した足の膝を曲げ、体を沈めながら前に出した方の足側に上体をひねります(写真◆
・息を吸いながら体を元の位置に戻し、同じ方向に10回行い、左右の足を入れ替えて同じ要領で10回。これを3セットが目安です。
・捻転を深くするためには体をひねる時にゆったり息を吐くようにするのがポイント。また、体を沈める際は背筋を曲げないようにします。
写真きァ塀弔棒擇辰藤核隋

◆スクワット&カーフレイズ
・足を肩幅まで開き、両腕を前方に伸ばした状態で立ちます(写真 
・太ももが床と平行になるようにお尻を落としながら両腕を背中側に振り下ろします(写真◆
・その状態から、全身を引っ張り上げるように腕を振り上げ、お尻を高い位置まで引き上げます(写真)。写真,両態に戻し、同じ動作を10回3セットを目安に続けます
・腕を使わず下半身だけの動きや、椅子に座った状態から立ち上がってかかとを伸ばすだけでも効果的です。

◆運動時の注意点
・どちらも反動を付けず、ゆっくりと呼吸しながら行うようにしましょう
・体に痛みを感じる時は無理をしないようにしましょう
・回数、セット数は体力に応じて調整します


◆お知らせ
 ターザンでは、フィットネス産業協会の定めた感染拡大対応ガイドラインに加え、より厳しい基準を定めた独自の感染予防対策を徹底した上で施設を運営しております。不明な点や問い合わせなどありましたら、気軽に問い合わせください(電話延岡22・1133)。

その他の記事/過去の記事
page-top