【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

酒井瞳さん、母校に帰る

本紙掲載日:2021-11-29
7面

「のべおかCOIN」PRと後輩へエール−延岡商業高

 延岡市出身でタレントの酒井瞳さん(32)が19日、母校の延岡商業高校を訪問。自身がアンバサダーを務める同市の地域通貨「のべおかCOIN」について一緒に学ぶとともに、仕事に関する体験談を話して、後輩にエールを送った。

 授業の一環として流通経済科と経営情報科の2年生55人が受講。初めに、同市商工観光部の日盥則部長が「人口が減り、高齢化が進む中で、一定の経済規模と住民同士の絆があれば市民が心豊かに暮らせるはずだと地域通貨を検討してきた」と導入の経緯を紹介。地域限定通貨のため消費が外部に流出しないこと、市主催のイベントなどに参加するとポイントがもらえる地域ポイント機能があり、地域活性化が期待できることなどを説明し、積極的な利用を呼び掛けた。

 続いて〃酒井先生〃が事前に生徒から寄せられた質問に答える形で授業。得意教科に関する質問では、簿記の資格を取るため懸命に勉強し、1級を持っていることを話した。「タレント活動に簿記は必要ないかな」と思っていた酒井さんだったが、この資格が、簿記を扱った教育テレビ番組の司会の仕事につながったという。「この資格は役に立つのかなと思うものでも取っていた方がいい。武器になる」と助言した。

 東京に憧れて芸能界入りを目指したこと、右も左も分からず上京したこと、現実を知り苦労した日々も振り返った。そして「延岡は田舎で何もないと思って上京したが、東京で延岡の住みやすさを感じた」と話し、「生まれ育った町を守る仕事もしてほしい」と呼び掛けた。

 さらに、大好きな地元を盛り上げ、県外の人にも知ってもらおうと、自身がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で発信していることを紹介し、「延岡の良いところをみんながアップしていくことで潤っていくし、盛り上がっていくし、知ってもらえる。一緒に延岡を盛り上げていきましょう」と話した。

 受講した日睛杠變い気鵝蔑通経済科)は「先輩から、ためになる話を聞くことができてよかった。苦労話を笑い話に変えることができていて、いいなと思った」と感想。

 午後は同市山下町に移動し、流通経済科が経営するチャレンジショップ和(なごみ)で、酒井さんと生徒4人が店頭に立った。倉田沙希さん(同科3年)は「すごく緊張したけどうれしかった。酒井さんは次から次に話をつなげながら接客していてすごかった。次に役立ちそうです」と笑顔。酒井さんも「刺激になりました」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top