【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

貴重な動植物、間近に

本紙掲載日:2021-10-25
8面
家田湿原に生息する希少植物を観察する参加者
家田湿原の遊歩道を歩く参加者たち

家田湿原で観察会−延岡市北川町


 ユネスコエコパーク(生物圏保護地域)に登録されている延岡市北川町の家田湿原でこのほど、市民らを対象にした観察会があり、絶滅危惧種の動植物が50種以上生息する貴重な湿原の魅力に触れた。主催は延岡市、家田の自然を守る会。

 市内から幅広い年代の31人が参加。同市在住で県環境保全アドバイザーの成迫平五郎さん(78)と、県北植物愛好会事務局長の黒木克幸さん(49)を講師に、家田川沿いの遊歩道1・3キロメートルを歩きながら自然観察を楽しんだ。

 この日は、県絶滅危惧粁燹環境省絶滅危惧粁爐忙慊蠅気譴訝蠖綽∧「サイゴクヒメコウホネ(西国姫河骨)」の日本最大級の群落や、虎の尾に似た花を咲かせる県絶滅危惧IA類、環境省絶滅危惧粁爐離轡讐覆梁診草「ミズトラノオ(水虎の尾)」など希少植物を数多く観察。参加者は実際に触れたり、カメラに収めたりしながら、成迫さんらの分かりやすい解説に耳を傾けていた。

 回覧板のチラシを見て参加したという同市富美山町の田所喜代子さん(59)は「天気が良くて気持ち良かった。専門家の方々の解説は大変ためになったし、頂いたガイドブックを持って、今度はもっと奥の方にも行ってみたい」と笑顔。

 講師の成迫さんは「質問がたくさんあって楽しかったし、何より花がそろっていて、時期的にも恵まれていた。多くの人に北川湿原の魅力を知ってもらい、自然を守る会の活動が活発になっていけばうれしい」と話していた。

 家田湿原は、川坂湿原とともに北川湿原と呼ばれ、「日本の重要湿地500」「ラムサール条約湿地潜在候補地」に指定されているほか、祖母・傾・大崩ユネスコエコパークの移行地域にも含まれる。

 家田の自然を守る会は、ラムサール条約湿地潜在候補地に指定された2010年に発足。以来、11年にわたって遊歩道の整備や外来動植物の駆除などを行っている。観察会は毎年恒例のイベントとして定着している。

その他の記事/過去の記事
page-top