【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

賞の人(6)−甲斐定行さん(74)延岡市北浦町

本紙掲載日:2021-10-23
2面

2021年度・第48回夕刊デイリー明るい社会賞

◆伝統の神楽、次世代へ

 「しっかりと上を向いて」―。それまで穏やかだった表情は、指導者の顔付きへと一気に変わった。

 神楽との出合いは19歳。農閑期に神戸で建設業の仕事をしていた時、一緒に働いていた地元の先輩が神楽のことを楽しそうに話し、盛り上がった。「やってみたい」と帰延後に始めた。

 実際は「厳しい先輩が多かった」。農業で汗を流し、夜遅くまで続く稽古は大変さもあった。しかし、「人が喜んでくれた。盛り上がってるなとうれしくて」。本番の雰囲気に魅了された。地区外に住む人がわざわざ帰省するのもうれしかった。

 1997年に始まった「城山かぐらまつり」には、山洋一会長からの誘いを受けて準備から関わり、後に実行委員会副会長も務めた。「声を掛けてくださったおかげで違う世界が広がった」。国内外での公演で舞い、今まではなかった他の保存会との交流もできた。

 「子どもの時に始めた人が30〜40代になって後を継いでくれる。それがうれしい」とやりがいを話す。10年ほど前に舞い手を引退した後は指導者として関わる。「やっぱり神楽が好きじゃから。地区の神楽を次の世代に継承せんといかん」。強い使命感で指導する。

(推薦者=山洋一・城山神楽祭実行委員会会長、小西雄一郎・歌糸神楽保存会会長、山本亮二・三川内神楽まつり実行委員会会長)

その他の記事/過去の記事
page-top