【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

九州初、仕事と余暇のワーケーション

本紙掲載日:2021-10-22
1面
行政、民間、関係団体62団体が参画し設立された推進協議会

民間24社も参加−推進協を設立

◆潜在能力は高く、鍵はソフト面

 「みやざきワーケーション推進協議会」が21日、設立され、会長に桑野斉宮崎大学地域資源創成学部長、副会長に片寄元道県観光協会専務理事を選出した。講演会もあり、先進地和歌山県の有識者が、宮崎県の潜在能力を絶賛。ソフト面の充実が鍵を握ると助言した。

 コロナ禍によるリモートワークの促進などで、県内でも受け入れについての取り組みが進む。県レベルで民間事業者を含めた協議会を発足させたのは九州では初めてという。

 協議会には宿泊・旅行・交通、ワーキングスペース提供などの民間24社、地域の商工会議所など関係14団体、県と市町村24団体が参画した。

 今年度内に、県内の受け入れ体制を網羅したウェブページ、県外企業向けのパンフレットの作成、モデルプログラムの開発や実証など実施。会員間での意見交換会などを行い、さらに、事業者や関係団体の加入を呼び掛ける。

 協議会は宮崎市内のホテルであり、62団体から約100人が参加。桑野会長は「本県にとって重要な取り組みで、県内での関心の強さを感じる。連携を深め、全国的にも貴重な県内の地域資源が顕在化し、推進していければ」。県総合政策部の松浦直康部長は「きょうをスタートに今後の変化に備え、交流人口、移住の拡大につながれば」と期待を込めてあいさつした。

 規約と役員を決定した後、和歌山県で民営化された空港運営会社「南紀白浜エアポート」で、地方創生に取り組む誘客・地域活性化室長の森重良太さんが講演。同県は、日本版ワーケーション発祥の地とされ、森重さんはその総合コンシェルジュ(案内役)として、これまでに延べ千件のワーケーションの受け入れを手配してきたという。

 森重さんはワーケーション誘致により、地方には、ヾ儻とは別の客層の獲得観光業の平日稼働率底上げ4愀舷邑の拡大っ楼菫悩爐凌靴燭幣ι覆鼎り・見直し―などの効果があると説明した。

 一方、企業に対しては、ワーケーションを制度化することで、企業としての生産性、企業価値・競争力が高まると案内。今年6月に同社が発表した実証実験でワーケーションと在宅テレワークを比較し、業務生産性と心身健康の向上に寄与することが裏付けされたと紹介した。

 宮崎県については、観光資源、大都市圏、九州内とのアクセスなどハード面に太鼓判。その土地でしか体験できないプログラムの開発とコーディネーターの存在などソフト面が鍵を握ると指摘した。

 「飲み会や祭りへの参加など地元市民との交流も重要。誘客から受け入れまで、それぞれが磨き上げながら、横の連携を強くすることがすべて。ワーケーションは始まったばかりの概念で1、2年で消える可能性もある。ともに地方から旋風を巻き起こしていきたい」と呼び掛けた。

 県内の事例発表では、ミミスマス(椎葉村)の上野諒代表、日向市の中田幸徳商工港湾課長が、それぞれの取り組みを語った。

その他の記事/過去の記事
page-top