【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

絶滅危惧ウミガメの保護推進

本紙掲載日:2021-10-13
6面

16日、日向で九州サミット

◆「県民性は?」研究発表や17日視察

 国文祭・芸文祭みやざき2020の分野別フェスティバル「九州ウミガメサミットin日向(第9回九州ウミガメ連絡会in日向)」は16日、日向市中町の同市文化交流センター小ホールで開かれる。午後1時30分から同4時50分まで。入場無料。主催は同市アカウミガメ研究会(児玉嘉嗣会長)ほか。

 ウミガメの研究者、保護団体による研究、活動報告による情報交換、参加者の交流などを通して絶滅が危惧されるウミガメの保護活動の推進を図る。

 東京大学・空間情報科学研究センターの研究員、工藤宏美さんが「アオウミガメの性格に県民性はあるか?」の演題で研究内容を発表。宮崎野生動物研究会の岩本俊孝理事長、屋久島うみがめ館の大牟田一美元館長、宮崎大学農学部の保田昌宏教授らが活動報告を行う。

 また、17日は参加希望者を募り、アカウミガメの産卵地であるお倉ケ浜海岸の視察を行う。日向市アカウミガメ研究会会員が案内する。時間は午前9〜11時。問い合わせは同実行委員会(電話日向66・1036)まで。


◆上陸、産卵数が激減「危機的状況を知ってほしい」−市役所で関連の展示会

 「九州ウミガメサミットin日向」関連のウミガメ文化紹介展が、日向市本¥町の市役所1階市民ホールで開かれている。17日まで。入場無料。同市アカウミガメ研究会ほか主催。

 同研究会会員が撮影したアカウミガメの上陸、産卵、ふ化の様子、産卵後に海に戻る姿、上陸・海帰した時の足跡、海岸植物などを収めた写真のほか、県総合博物館所蔵のアカウミガメ、アオウミガメ、タイマイの剥製、アカウミガメの骨格標本を展示。日向高校サイエンス部によるウミガメの生態、保護活動、上陸・産卵が減少した原因などについての研究をまとめたパネルも並ぶ。

 アカウミガメは環境省のレッドリストでは絶滅危惧毅体爐吠類され、県指定天然記念物。産卵シーズンは5月から8月上旬にかけての約4カ月で、上陸した個体や稚ガメの捕獲、卵の採集は規制されている。同研究会は、市内海岸での上陸、産卵などの調査、保護、啓発活動、海岸の保全などを行っている。

 同会によると、2013年は上陸が95回、産卵は59回だったが、15年から激減し、今年は上陸9回、産卵8回だった。同会は「アカウミガメの危機的状況を認識してほしい」と来場を呼び掛けている。



◆ここ見て、聞いて、楽しんで−関心を持って多くの来場を
児玉嘉嗣・日向市アカウミガメ研究会会長

 20年以上、お倉ケ浜海岸を中心とした日向市におけるウミガメの上陸、産卵の調査を続けています。昔は伊勢ケ浜、お倉ケ浜、金ケ浜など日向市の海岸から多くの上陸、産卵の報告がありました。ところが、5年前からは激減。今年は調査開始以来、過去最低の回数になりました。

 今回の文化紹介展、サミットを通して多くの皆さんに、この厳しい現状を知ってもらい、関心を持っていただきたいと考えています。特に未来の日向市を担う子どもたちには、SDGs(持続可能な開発目標)の一環として理解を深めるきっかけになればと願っています。

 サミットは、専門分野の先生方から私たちが環境保全、自然保護に向けてどのような対策、心掛けをしていくべきかを聞くことのできる数少ない機会です。ウミガメを守ることは、日向市の自然を守ることにつながります。多くのご来場をお待ちしております。日向市平岩在住。

その他の記事/過去の記事
page-top