【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

34人が学びや、寮に別れ−五ケ瀬中等教育学校

本紙掲載日:2021-03-04
2面
五ケ瀬中等教育学校の第22回卒業式。卒業証書を受け取る卒業生(3日)

コロナ対策−規模縮小して卒業式

 全寮制の中高一貫校、県立五ケ瀬中等教育学校(鬼束雅史校長)の第22回卒業式が3日、五ケ瀬町三ケ所の同校であり、卒業生34人(男子20人、女子14人)が6年間を過ごした学びやと寮を巣立った。

 式は、新型コロナウイルス感染予防対策のため、出席者の人数を制限するなど規模を縮小して開催。在校生には式の様子がリモート配信され、教室から卒業生の晴れの門出を祝福した。

 式では、鬼束校長が2クラスの代表にそれぞれ卒業証書を授与。式辞の中で、作家五木寛之さんの言葉を紹介し、「骨太の生き抜く力で、それぞれの人生に挑み続ける姿を期待しています」とエールを送った。

 在校生代表の大口雅仁さん(5年)が「先輩たちは常に挑戦し続けること、周りの人と対話すること、自分の行動に責任を持つことを教えてくれた」と送辞。これに対し、卒業生代表の古澤野々風さんが涙ながらに答辞を述べ、「私はこの場所で最高の6年間を過ごすことができた。五ケ瀬で身に付けた力があれば私たちはこの先、きっとうまくいく。それぞれの進路で人類共通の普遍的価値を生み出していく」と誓った。

 卒業生は保護者と教職員の拍手に送られ、涙と笑顔で思い出の詰まった学校に別れを告げた。

その他の記事/過去の記事
page-top