【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

南部まちなか循環バス−実証運行スタート

本紙掲載日:2021-03-04
1面
バスに乗り込む市民ら
時刻表を撮影する人も

5月末まで内外回り1日10便−延岡市

 延岡市街地南部を巡る新規路線「南部まちなか循環バス」の実証運行が1日から始まった。鶴ケ丘公園を起点とする1周14・2キロで、1日計10便(内・外回り各5便)。期間は5月末まで。初日は1日フリー乗車券をプレゼントする乗車イベントもあり、市民らが南部を走る循環バスの利便性を確かめた。

 市地域・離島・交通政策課によると、この日の利用者数は172人(速報値)。1便あたり約17人となり、目標値としている同6人を大幅に上回る結果となった。

 乗客からは実証後の本格運行を望む声が多く聞かれ、中にはスマートフォンでバス停に掲示された時刻表の写真を撮る人の姿も。これまでバス利用は年間1、2回ほどという鶴ケ丘の大神のりえさん(68)は「これから便利かどうかしっかり体感した上で、主な移動手段にできれば」と話した。

 南部まちなか循環バスの運行日は月−土曜日(日曜・祝日運休)。午前9時台から午後6時台の間で内回り線と外回り線を交互に巡る。1周に要する時間は約48分。主なバス停は鶴ケ丘公園、学園前(緑ケ丘)、雷管、薬品工場前、イオン延岡、北新小路、延岡高校前、恒富、県病院前、南延岡駅前、上平原、片田回転場、下平原など。

 利用料金は中学生以上200円、小学生100円、幼児無料。南部まちなか循環バス専用の1日フリー乗車券は中学生以上400円、小学生200円。

 延岡市は市街地南部に先立って、北部でも昨年12月から今年2月末まで循環バス新規路線の実証運行を実施。今後約3カ月におよぶ南部での実証を経た後、両路線の本格運行について判断していくという。

その他の記事/過去の記事
page-top