【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

読書手帳はいかが

本紙掲載日:2021-03-02
6面
2日から配布が始まった延岡市立図書館の読書手帳としおり

子ども用・32冊読破で認定証−延岡市立図書館

 読書への興味や図書館に足を運ぶきっかけにしてもらおうと、延岡市立図書館(森政春館長)は、読んだ本を記録する読書手帳を作った。同市本小路の本館や北方町、北浦町、北川町の分館、移動図書館車で2日から配布する。

 読書離れが進む中、少しでも本を手に取ってもらおうと、森館長が中心となり、昨年秋ごろから手作りで準備を進めた。

 手帳はA5サイズで一般用、子ども用の2種類。ともに見開き5ページで、一般用は36冊、子ども用は32冊分の記入欄を設けた。

 表紙には同館キャラクターとして親しまれているフクロウの塗り絵、裏表紙には同館の開館時間や休館日、問い合わせ先などを記載。子ども用の最後のページには、32冊を読み切ったことの「認定証」も入れた。

 本の記入欄は読んだ日、本のタイトル、著者名の他、星の数で満足度を表す欄、感想や気に入った言葉などを書く欄がある。また、本を借りた時に受け取るレシートを貼るスペースや今までどのくらいの金額分読書をしたのか、図書館で借りたことでいくら節約できたのかが分かるように、金額記入欄も設けた。

 さらに、同館のPRを兼ねて、しおり300枚も手作りした。一人1枚に限って、同じ場所で配布するという。

 同館サービス係の小浜祐樹係長は、「図書館に足を運び、少しでも本を借りて楽しんでもらいたい。所蔵していない場合、新規購入、他館から取り寄せるなど、可能な限り要望にもお応えしている。この機会に、利用方法の理解にもつなげられれば」と話した。

 手帳は2種で計400部を準備。必要に応じ、追加作成も検討している。また、家で自分でも作れるように、同館ホームページから、作り方と一緒にダウンロードできる。

その他の記事/過去の記事
page-top